JAPAN GEOGRAPHIC

奈良県奈良市 東大寺、手向山八幡宮、若草山

Todaiji/Tamukeyamahachimangu/Wakakusayama,Nara city,Nara

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Sep.2011 野崎順次

奈良県奈良市手貝町51

撮影日: 2011年9月11日

平城京の東七坊大路、現在の国道369号に面し、一条大路(佐保路)に向かって立つ。東大寺境内の西北にあり、吉祥の位置で害を転ずる意から転害門と呼ばれ、三間一戸八脚門の形式をもつ堂々とした門である。平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火にも焼け残った寺内で数少ない建物のひとつで、天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構である。鎌倉時代の修理で改変されているが、基本的には奈良時代の建物で国宝に指定されている。

佐保路と説明板

      

国宝 転害門(奈良時代)西面

                           

東面(境内側)

            

大仏池あたり

   

参考資料

東大寺HP

奈良の名所・遺跡HP


All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中