JAPAN GEOGRAPHIC

Monthly Web Magazine Aug. 2018

Back number


■ おばちゃんカメラマンが行く @保護猫カフェ 池袋  JG事務局

里親探しの自走型保護猫カフェ 「ネコリパブリック」へ行く。

池袋の駅から数分のビルの一室に保護猫カフェがある。

もっと殺風景な感じのカフェを想像していたが、少しおしゃれでとても清潔感のある空間だ。

受付で簡単な登録をし、手足の消毒の後、猫ちゃん達がいる部屋へ進む。

入口の猫の写真に年齢などのプロフィールが書いてある。

猫タワーや大きな爪カリカリ、可愛いベッド、おもちゃが置いてあり楽しい雰囲気だ。

傍らに置いてあるおもちゃで猫ちゃんをじゃらしたり、寄ってくる子をなでなでしたりと普通の猫カフェ(あまり経験がないが)と変わらない。

違いは相性が合えば里親になれるということだ。

ちょっとビビりちゃんもいるが、皆それぞれ愛嬌があってフレンドリーで可愛い。

帰り際に顔の毛がまだらになっている猫(チャイ)のことを尋ねると、保護された時、顔にやけどがあり、やっと生えてきたということだ。

ここにいる猫たちはそれなりに厳しい猫生を送ってきて、やっと安住の地を見つけたのだろう。

良い里親さんに巡り合える事を心から願っている。

この保護猫カフェは2022.2.22までに行政処分による猫の殺処分ゼロを目指しており、お店の利益は保護猫たちの猫助けになるそうだ。

カフェの代金は最初の30分1100円で、30分延長するごとに500円チャージされる。現在全国7店舗あるそうだ。

保護猫カフェ 「ネコリパブリック」

やけども治り元気いっぱいのチャイ君♂2才

今月のにゃんこ

保護猫カフェで、猛烈にアピールするキキ♀2才

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中