JAPAN GEOGRAPHIC

粟島

Awashima

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


May 2010 撮影/文:田中康平

新潟県粟島浦村 粟島

場所:新潟県岩船郡粟島浦村

時:2010.5.1−4

説明

粟島は新潟県北部、村上市の西の日本海に浮かぶ、横巾2km、縦4kmほどの島です。

縄文の昔より人が住み着き、万葉集にも歌われています。中世に九州の松浦氏が占領していましたがその後越後の本保氏により島の東半分は占領され、そのまま現代に至っています。

島には歴史をしのばせる史跡が幾つか残っています。

現在は釣り人が多く訪れていますが、渡りのシーズンには珍しい鳥が見られるため多くのバードウオッチャーが訪れています。

1.新潟・村上市の岩船港から船で渡ります。

2.村の史跡です、やす突観音(平安末期)、板碑(鎌倉ー室町時代)、 五輪塔(桃山時代)

3.内浦の家並みです

4.島の西側の弁天磐付近の夕陽、このあたりにオオミズナギドリの生息地(天然記念物)があり日が落ちてから一万羽といわれるオオミズナギドリが巣穴に戻ってきます。

5.島の最高峰に灯台があります、国内で標高は3番目の高さのです。

6.島の山桜は美しく、タチツボスミレやエンレイソウ、エゾタンポポなどの野の花も楽しめます

7.島で見られた野鳥、この時は、南から渡ってきたオオルリが非常に多く見られました、何故か全く啼きません。

南から渡ってきた鳥のほか北へ戻る鳥も数多く見られます。

このほか、ツバメやウミネコ、トビもうるさいばかりで この時は珍しい鳥としてはカラアカハラ、迷ってきたクロジョウビタキ、ハシグルビタキも現れています。

行き帰りの船からはオオミズナギドリやウトウの飛行も楽しめます。

 All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中