JAPAN GEOGRAPHIC

大分県大分市 岩屋寺石仏

Iwayaji Sekibutsu,Oita city,Oita

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


May 16,2015田中康平

大分県大分市元町

大分県指定史跡

元町石仏の近くにあり、同時代(平安後期)に造られたとみられる。損傷が激しく当初国指定史跡だったが外され現在は県指定史跡となっている。

一番右端の十一面觀音像が比較的形が残っており着色の跡も認められる。

右手には小仏像を収めていた千仏龕(せんぶつがん)が残されている。

国指定文化財等データベース解説文(元町石仏)に残る岩屋寺石仏の説明:

大分市の南端上野台の丘腹にあり 凝灰岩及凝灰岩質砂利層より成れる岩壁に佛菩薩等を半肉彫にせるものなり。

岩屋寺石佛は俗に藥師十二神将と稱し大小十七躯の彫像を配す。岩質粗鬆の爲に多聞天及十一面觀音像を除く外は甚だしく漫滅せるも觀音像は其作優秀にして傳彩を施し今尚其迹を留めれり。 岩藥師像と共に本石佛群像中の代表作たり。 藥師十二神将群像の東方約三十尺の距離にある丘腹に石像千佛龕を嵌め込み其一部は破壞して下方に墜落し他は原位置にあり。珍稀なるものなり。


May 2012 瀧山幸伸 source movie

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中