JAPAN GEOGRAPHIC

岡山県倉敷市 鯉喰神社

(Koikuijinja Shrine, Kurashiki City, Okayama Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
 
  Nature
 
 
  Water    
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


April 10, 2021 野崎順次 source movie

岡山県倉敷市矢部109

祭神
夜目山主命、夜目麿命 配祀 狹田安是彦、千田宇根彦
合祀 大歳神、須佐之男神、天御中主神、菅原大神

吉備の国平定のため吉備津彦の命が来られたとき、この地方の賊、温羅(うら)が村人達を苦しめていた。戦を行ったがなかなか勝負がつかない。その時天より声がし、命がそれに従うと、温羅はついに矢尽き、刀折れて、自分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食した。それを祭るため村人達はここに鯉喰神社を建立した。
社殿は元禄14年(1701)4月、天保13年3月に造営し現在に至った。大正6年4月、庄村矢部字向山村社楯築神社を合祀した。大正6年10月4日神饌幣帛供進神社に指定された。(岡山県神社庁より抜粋)
 


市史跡 鯉喰神社弥生墳丘墓 3世紀前半?
この墳丘墓は東西約40m、南北約32mの長方形と推定されており、方形の弥生墳丘墓としては全国最大級の規模を誇ります。墳丘上には温羅(うら)伝説にまつわる鯉喰神社が建っており、発掘調査が行われていないため詳細は不明ですが、地表面で特殊器台・特殊壺や弧帯文石の破片などが採集されています。弧帯文石はこの墳丘墓と、鯉喰神社から700m南東にある「楯築弥生墳丘墓」(吉備最初の王墓と言われ、全国最大の弥生墳丘墓)の2箇所でしか確認されていません。
(御領のロマンを蘇らせる会ウェブサイトより)
             


鳥居から拝殿、渡り廊下、本殿
       


地神、舟形石などの霊石群
        



All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中