JAPAN GEOGRAPHIC

岡山県倉敷市 大野昭和斎記念資料館

(Showasai Ohno Memorial Museum, Kurashiki City, Okayama Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
木工芸の大家の旧住居資料館
  Nature
 
 
  Water    
  Flower
 
 
  Culture
 
人間国宝、倉敷市名誉市民、総社市名誉市民
  Facility
 
  Food
 


March 21, 2018 野崎順次 source movie

岡山県倉敷市西阿知町1144−12

大野 昭和斎(おおの しょうわさい、1912年3月4日 - 1996年8月30日)は、日本の木工芸家。重要無形文化財「木工芸」の保持者(いわゆる人間国宝)。木工芸の人間国宝としては中臺瑞真とともに3番目の認定者(1984年)である。

岡山県出身。本名は片岡誠喜男(せきお)。父で指物師の片岡斎三郎に14歳で師事、指物や象嵌を修行する。23歳のころ文人画家柚木玉邨(ゆのきぎょくそん)に師事、絵画を習い昭和斎と命名される。作品には桑を好む。桑のほかに欅、柿、黄楊木、肥松(こえまつ)も使う。指物・象嵌の技術に優れ、作品は箱や文机、卓、飾り棚、小箪笥、盛器、香盆、菓子鉢などを作り、箱の四方の直線に線象嵌を用いて指物独特の直線の美しさを見せる。

(ウィキペディア「大野昭和斎」

パンフレット

  

建物外部

     

玄関から座敷

                                        

茶室

        

仕事部屋

        

もう一つの部屋

          

          

西阿知駅前の由緒ありげな建物、敷島倉庫の「港倉第四三号第一五九五号」とある。

        

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中