JAPAN GEOGRAPHIC

岡山県岡山市 天神山文化プラザ

Tenjinyama Bunkaplaza,Okayama city,Okayama

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 


6October 15, 2016 野崎順次 source movie

天神山文化プラザは、昭和37年6月に、岡山県総合文化センターとして開館しました。

建物の設計は、モダニズム建築の巨匠・前川國男によるもので、屋上庭園、ピロティ、吹き抜けレリーフなど、当時のモダンなデザイン手法が随所に見られます。

(天神山文化プラザ公式サイトより)

ピロティといい、ファサードの造形といい、いかにもコルビュジェ的なデザインにまとめられている。特に崖側の階段はインパクト大。

(ARCHITECTURAL MAPサイトより)

前川國男は、ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした。丹下健三、木村俊彦は前川事務所の出身であった。

(ウィキペディア「前川國男」より)

ファサード

4              

南西の駐車場から見る。

       

1階ピロティ

           

1階内部

      

1階北側庭園

   

レリーフ「鳥の柱」

正面玄関横の外壁にデザインされ、海中から鳥が飛び立つ様子をイメージ。最上部には月と星がかたどられている。デザインにあたった当時、山県さんはイタリア留学を間近に控えていたといい、「若い私に初めての大きな仕事で、前川さんにとっては冒険だったと思う。急な指名で建物本体の工期に間に合わせるのが大変だった」と振り返る。

(毎日新聞2016年5月20日 地方版より)

         

ファサードの階段で2階へ

    

2階ロビー

       

建物裏側(東面)

     

北側の土光敏夫記念苑

          

中堀跡

       

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中