JAPAN GEOGRAPHIC

岡山県矢掛町 大通寺

(Daitsuji Temple, Yakage Town,Okayama Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
優れた石組の庭園、寺宝も多い。
  Nature
 
  Water    
  Flower
 
 
  Culture
 
 
  Facility
 
 
  Food
 


October 4, 2020 野崎順次 source movie

岡山県小田郡矢掛町小林 1815
曹洞宗
富峰山 大通寺


宗派: 禅宗(曹洞宗)
開山: 天平15年(743)承天和尚。
開基: 後鳥羽院。永享元年(1429)曹洞開山月渓良掬禅師。
由緒: 当寺は天平15年、高峰山山頂に承天和尚(東大寺三綱)が観音菩薩を安置し大通寺を開創した。また承天和尚は高峰山山麓に黒松を植樹した。
康和元年 (1099) 佛師慶禅作の不空羂索観音を安置した。(平安後期の仏)。
鎌倉時代初期、後鳥羽院の勅願寺として霊松の現在地に移転した。そして「むら雨の山路をすぎて笠置の名より高根の松ぞすずしき」の御製を賜わり「笠置の松」と称されていた。
永享元年 (1429) 、月渓良掬禅師きたって曹洞宗寺院とし伽藍をととのえた。文明年間(1470年代) 、二世宝国慈珍大和尚 (総持寺319世) 、また安政年間 (1850年代) 、二十七世汝揖良弼(じょしゅうりょうひつ)大和尚は大本山総持寺に普住した。
文禄3年(1594)林松和尚の時、当国大守毛利黄門輝元公眼病平癒の祈願をし寺領「14石3斗」の寄進をうけ毛利家の祈願所となった。そして毛利元清により伽藍が再興された。その頃『観音様のおつげで翁婆が寺にまいり茶釜をもらって帰った。茶店をひらくと、くめどもくめどもいい湯が「ブンブク」とわき有名になった。』後に寺では「千人茶会」を開いて勝縁を結び、分福茶釜の話となった。
(岡山文庫一岡山の笑話)
貞享4年(1687)備中国観音霊場第22番札所となった。御詠歌「小林の寺の桜はさきぬらん高き峰よりかかる白雲」
近世後期には京都伏見宮家の祈願所となった。格式は末寺15ヶ寺をもつ「小本寺」格式で、曹洞禅進出の一拠点となった。以上の如く大通寺は千二百余年の歴史をもつ古刹である。
建築物は、地蔵堂(延宝5年 (1678) 作 地蔵尊〉、境内に仁王門、山門 (十六羅漢像)、本堂、開山堂(開山頂相=室町期作)が直線に並び、観音堂、座禅堂(宝暦9年(1760)建立、二方単、来迎柱などの特色)を回廊で結び、近世曹洞寺院の様式をよく伝えている。
平成8年中国地蔵尊霊場第五番札所に指定され、巡拝者を迎えている。
寺宝: 不空羂索観音(岡山県指定重文)、本堂書院裏の大通寺古庭園「石寿園」(岡山県指定名勝=文化財指定)、大珠数(文安4年(1448)の刻銘)、大魚鼓などがある。
(大通寺パンフレッより)

パンフレットと現地説明板
       

仁王門あたり
                


山門
       


回廊、座禅堂、本堂
            


岡山県指定名勝 大通寺庭園「石寿園」江戸末期 池泉鑑賞式 二百余坪
作者 - 中西源兵衛(矢掛住)
背後に高峰山を控えて上部から下部の書院に向って滝、流れを落している。中央開山堂のほぼ真北あたりの築山の上部に剛健な釈迦三尊石、須弥山石組を配し、築山下部、滝を中心に集団石組を構成し、力強い景観となっている。池泉は瓢箪形で一枚石の石橋、亀出島を意匠している。こうした集団石組が全体に広がって絵画的意匠となり、庭園全体に大きい躍動感を与えている。
(大通寺パンフレッより)

書院裏から見る。
                    


開山堂の横、本堂裏から。
     


座禅堂の北座敷から見る。池面の一部にすだれが浮いているのは、鷺の攻撃に対して鯉が隠れるためである。同じ目的で池全面に網がかけられることが多いが無粋である。すだれの方がずっといい。
                      


和尚さんのご厚意で、書院から庭に降りることができた。築山を登り、鶴石組、三尊石組、蓬莱石組を間近に見る。また、書院、開山堂、座禅堂を見下ろす。
                      


本堂、書院の襖絵など
                  


座禅堂 江戸中期 宝暦9年(1760)、
二方単、来迎柱などの特色
            


帰途、各所の彼岸花など
             

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中