JAPAN GEOGRAPHIC

沖縄県竹富町 西表島 サキシマスオウノキ群落

Sakishimasuounoki,Iriomote Island ,Taketomi town, Okinawa pref.

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


July 1, 2014 田中康平

沖縄県八重山郡竹富町古見国指定天然記念物 指定年月日:1978.03.22(昭和53.03.22)

国指定文化財等データベース 解説文:この群落は、西表島前良川河口の南岸にある湿地にあり、三離御嶽(ミチャーリオン)として地元の人々によって昔から保存されている約5000平方メートルの地域である。 ここに自生する植物は、板根の非常によく発達した胸高直径75から85センチのサキシマスオウノキ25本をはじめ、オオハマボウ、イボタクサギ、サガリバナ、カンコノキ、シマシラキ、オキナワキョウチクトウ、シマオオタニワタリなど多数の湿地植物があり、亜熱帯植物群落の様相をよく保存している。 ことに、サキシマスオウノキ群落は、板根の大きさ及び本数からいっても、我が国最大の規模であり、学術上の価値はきわめて高い。遊歩道が整備されていてヒルギの群落とともに見ることが出来る。大きな板根に特徴がある珍しい木だが西表島には他に数箇所で群落を見ることができる。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中