JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府藤井寺市 仲哀天皇陵古墳 (岡ミサンザイ古墳)
(Chuaitennoryo Tumulus, Fujiidera City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 



November 25, 2017 野崎順次 source movie 大阪府藤井寺市藤井寺


陵墓 前方後円墳 墳丘長245m 4世紀後半〜5世紀後半

古市エリアの西の端に位置する前方後円墳。墳丘長は245m、後円部の高さは19.5mである。室町時代に城として使われたため、墳丘の上面は一部の形が変えられている。周囲には幅の広い濠が巡り、堤の上にも円筒埴輪が並べられていた。墳丘や濠からは、円筒埴輪、形象埴輪が出土している。築造時期は諸説があるが、4世紀後半から5世紀後半にあたるものと考えられる。
(百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議ウェブサイトより)

一般には岡ミサンザイ古墳と呼ばれる。墳丘軸は南南西(前方)から北北東(後円)である。現在では第14代仲哀天皇ではなく、第21代雄略天皇の陵とする説が有力。

前方部の南からスタートする。東側くびれ部の作り出しが見える。

          

前方部を西へ、正面拝所を通過して、墳丘の西側が見えはじめる。作り出しはない。

              

西側を北東へ、後円部の方へ歩くが、後円部は高い土手に阻まれてよく見えない。

            

土手の低いところを見つけて全体を何とか見る。

       All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中