JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府羽曳野市 応神天皇陵古墳
(Ojin-Tenno-Ryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
  
 
  Nature
 
 
  Water
 
 
  Flower
 
 
  Culture
  
 
  Facility
 
 
  Food
 


December 29, 2017 野崎順次 source movie

応神天皇陵古墳
(Ojintennoryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)


大阪府羽曳野市誉田

古市エリアの中央部に位置する、日本第2位の大きさの前方後円墳。墳丘長は425m、後円部の高さは36mである。墳丘の体積(143万m3)は国内第1位である。墳丘の周囲に二重の濠と堤をもつ。墳丘や濠からは円筒埴輪や形象埴輪がみつかっている。応神天皇陵古墳には1万8千本以上の円筒埴輪が並べられていたと推定されている。築造時期は5世紀前半である。
(百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議ウェブサイトより)

古市古墳群パンフレットと現地説明板

        

北側拝所より

   

西から

        

南の誉田八幡宮から

 

東の近鉄電車車内から

  


December 29, 2017 野崎順次 source movie

大阪府羽曳野市
応神天皇陵古墳外濠外提
(Outer Moat and Outer Bank of Ojin-Tenno-Ryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)

国史跡

(応神天皇陵古墳の)墳丘のまわりには濠と堤が巡りますが、東側では先に造られた二ツ塚古墳があって形がひずんでいます。しかし西側では二重目の濠と堤の跡が良く残っており、応神陵古墳の長大な範囲を見ることができます。
(羽曳野市ウェブサイトより)

                

 

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中