JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府池田市 無二寺

(Mujiji Temple, Ikeda City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
完存する南北朝の宝篋印塔、隅飾突起に蕨手文様
  Nature
 
 
  Water
 
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


June 2, 2018 野崎順次 source movie

大阪府池田市古江町387

曹洞宗 鼓瀧山  無二寺

この地にあった行基開基の「海光山 等覚寺」が寿永の乱で焼失して廃寺となり、永禄5年(1462年)、僧曇清が無二寺として創建したと伝えられている。

寛政10年(1798年)刊の『摂津名所絵図』に和泉式部塔、古江村無二庵にありと記され、和泉式部は頼光四天王のひとり平井保昌の妻となり、この辺りに住んでいたが、ある秋の夜、鹿の鳴く声に狩に出ようとする夫へ、「ことわりやいかでか鹿の鳴かざらんこよひ限りの命と思へば」と歌えば、保昌は感じて、以後狩をやめた。今も猟師がこの墓のそばを通れば獲物がとれないという。

(ウィキペディア「無二寺」より)

    

府文 石造宝篋印塔 一基

高さ205cm

昭和五十二年三月三十一日指定

この宝篋印塔は、蓮華座の上に蕨手文(わらびてもん)を表す。類例があまりない文様の隅飾突起(すみかざりとっき)を持っている。

石材は花崗岩で、基礎の北西側面には「造立結縁(けちえん)人数」として、僧俗あわせて一三人の名前が彫られている。また、基礎の北東側面には「貞和五己丑(一三四九年)五月三」と北朝の年号による建立年月日が彫られている。南北朝時代の安全な状態で残っている貴重な製造文化財である。

なお、「摂津名所図会」(寛政十年=一七九七刊)には、この宝篋印塔を「和泉式部塔」と記している。

平成十四年十月 池田市教育委員会

(現地説明板より)

正面は南東に向いている。向かって左が北西側面、右が北東側面になる。

                           

その他の石造物

      

近くの家はそれぞれなかなかの風格である。

         

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中