JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府柏原市 三田家住宅

Sandake,Kashiwara city,Osaka

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


柏原市今町697 三田家住宅(大阪府柏原市今町) 主屋 重文 近世以前/民家 江戸後期 明和3(1766) 桁行15.7m、梁間11.8m、東面及び北面庇付、一部二階、南面突出部 桁行3.9m、梁間3.8m、切妻造、本瓦葺塀1棟、普請関係文書5点 19690620

柏原市今町697 三田家住宅(大阪府柏原市今町) 土蔵 重文 近世以前/民家 江戸後期 明和3(1766) 土蔵造、桁行6.1m、梁間4.6m、二階建、切妻造、本瓦葺、南面蔵前附属 19690620


September 15,2014 大野木康夫 source movie 所在地 大阪府柏原市今町1丁目6-22

三田家住宅は旧柏原村の奈良街道に面し、当家は農家であったが、木綿間屋もやっていたと伝える。

この住宅は町屋的色彩が濃い。

建設年次は普請関係文書が多数あり、明和三年(一七六六)から五年にかけての文書で、この住宅は明和五年(一七六八)三月に完工している。

このように建設年代が明らかなこと、町屋としての性格をもつなど数少ない重要な遺例である。

(国指定文化財等データベースより)三田家住宅はJR関西線柏原駅の西北、およそ300mほどの奈良街道沿いに位置しています。

三田家は屋号を大文字屋といい、河内木綿、肥料(干鰯、油粕)の問屋、船運で栄えました。 主屋(重要文化財)明和3(1766)年の建築

桁行15.7m、梁間11.8m、東面及び北面庇付、一部二階、

南面突出部桁行3.9m、梁間3.8m、

切妻造、本瓦葺 土蔵(重要文化財)明和3(1766)年の建築

土蔵造、桁行6.1m、梁間4.6m、二階建、切妻造、本瓦葺、南面蔵前附属  


June 2011 酒井英樹

 撮影:2011年4月

<主屋>

 正面15.7m、側面11.8m、東面及び北面庇付、一部2階

 南面突出部:正面3.9m、側面3.8m、

 切妻造、本瓦葺

 江戸時代[明和3年(1766)]  奈良街道に面して建つ。農家で木綿問屋を兼ねていた。二階正面は塗籠、平面は片側通り土間で土間南面通り寄りに納屋が突出、通り土間前後を戸で分ける。

 

<土蔵>

 土蔵造、正面6.1m、側面4.6m、二階建、切妻造、本瓦葺、南面蔵前付属

 江戸時代[明和3年(1766)]

  All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中