JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府柏原市 田辺廃寺跡

(Remains of Ruined Tanabeji Temple, Kashihara City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
現地説明不足、立ち入り禁止
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


April 28, 2018 野崎順次  source movie

大阪府柏原市田辺1−16−38

国史跡

田辺廃寺は現在の柏原市田辺を本貫地(ほんがんち:本拠地)とした百済系渡来氏族の田辺史(たなべのふひと)氏が建てた氏寺と言われています。1971 年の発掘調査によって金堂、東西両塔、南大門などが確認され、薬師寺式の伽藍配置であることが判明しました。東塔の基壇はセン(レンガ状の焼物)を積み上げたセン積み基壇、西塔と金堂の基壇は瓦を積み上げた瓦積み基壇で、東西両塔ともに三重塔が建てられていたと考えられます。遺跡は春日神社の境内にあり、 瓦などの出土遺物も境内の収蔵庫に展示されています。

(柏原市ウェブサイトより)

西から見た春日神社、廃寺跡はその境内の北側、向かって左にあるそうだ。

   

鳥居から社務所

        

平成17年12月に、瓦や古代のレンガ28点が盗掘される事件があり、現地には立ち入り禁止の立て札が多い。また、詳しい伽藍配置の図もない。このあたりが中門、西塔、東塔、金堂の跡かなあ。礎石が2つ、3つあった。

               

その他境内

       

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中