JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府大阪市浪速区 旧松坂屋大阪店(現高島屋東別館)

Old Matsuzakaya,Naniwaku,Osaka City,Osaka Pref.

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 


July 2021 酒井英樹

旧松坂屋大阪店(現:高島屋東別館)は、大大阪時代のメインストリートであった堺筋に西面して建つ。
 松坂屋は大正11年(1922)、現在地に「松坂屋いとう呉服店大阪店」として木造3階建の洋風建築で開店、昭和3年(1928)に隣地に鉄骨鉄筋コンクリート造6階建の店舗を建設、昭和9年(1934)増築、昭和12年(1937)木造店舗の建て替え、その後も増築を試みたが日中戦争で中断。
 その結果3期15年に及ぶ増改築で現況の大規模百貨店建築となった
 第二期以降の全体計画の立案及び設計は鈴木禎次、施工は竹中工務店が請け負った。

 南北104.8m、東西46.7m、建築面積4831.57㎡、延べ床面積41337.68㎡、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階(一部8階)建、地下3階、塔屋3所付
 南端から3間分が昭和3年(第一期)、北端から7間分が昭和9年(第二期)、中央間口7間分が昭和12年(第三期)、背面奥行き2間が未完に終わった第四期の建築となる。

 外観はクリーム色のタイル貼りとテラコッタの装飾を基調とした3層構成。
 1階2階は正面アーケードを11連の正円アーチで飾り、基部を万成石張り、その上をタイル貼りとする。
 3~6階は垂直性を強調したテラコッタ張りの角柱を林立し頂部に星型の彫刻を載せる。
 最上部の7階は柱間に3連アーチをを並べる。

 昭和12年(1937)に完成した御堂筋にメインストリートを譲ったことや市電の廃止、大阪市営地下鉄(現大阪メトロ)堺筋線の直結駅ができなかったこともあって、昭和41年(1966)松坂屋大阪店は京阪天満橋駅に移転(平成16年(2004)閉店)。その後高島屋が取得し、東別館として使用されている。

    


 万成石:岡山市北区万成、岩井地方で採石される花崗岩の石材名。桃色御影石


June 10, 17 and 19, 2021 野崎順次 source movie


大阪府大阪市浪速区日本橋三丁目
旧松坂屋大阪店(髙島屋東別館)
(Takashimaya East Annex, Naniwa-ku, Osaka City, Osaka Pref.)



国重文(予定)

以下の諸説明は、2021年5月21日付け大阪府教育庁文化財保護課文化財企画G報道発表資料より引用させていただいた。

創建当初は松坂屋大阪店として建てられ、昭和3年(1928)から12年(1937)の3期にわたって増築が繰り返されました。
旧松坂屋大阪店(髙島屋東別館)は南北方向約 105m、東西方向約 46mの区画に建つ、 7階建一部8階建、地下3階、塔屋を3箇所設けた建物です。
本建物の設計者は、明治末から昭和前期にかけて名古屋を拠点に百貨店や銀行などを多く手がけた鈴木禎次です。生涯で14件の百貨店を手掛けた鈴木禎次にとって、 本建築は円熟期の作品であり、現存する数少ない事例の一つとしても貴重といえます。

全景、北面、西面(正面)、南面、東面(裏面)
                             


外観の特徴は、堺筋側を豊かに装飾していることです。1階から2階にかけての下層部には11連のアーチを並べ、半円部分にテラコッタ彫刻を施しています。3階から6階の中層部はテラコッタ製の角柱を林立させ、柱頂部に彫刻を飾り、各階の窓廻りはタイル張りとしています。最上部の7階は柱間に3連アーチを並べ、その上部を細やかな 装飾のテラコッタの帯で飾っています。テラコッタ彫刻に用いられている装飾は、いずれも直線と渦巻と草花文などの伝統的な紋様を近代化させた創作模様といえ、このような模様は建物の内部装飾にも多用されています。

上部外観詳細
                       


下部外観詳細
                           


西側(堺筋)歩道
           


内部は百貨店として使用されていた当初の意匠が、アーケードや南北2箇所に設けられた玄関ホール付近の大階段とエレベーターホールによく残っています。アーケードは 2階分の高さをもち、堺筋に面して約 67mの長さで設けられ、内側には細やかな装飾を 施したショーウィンドウが並び、柱梁に黒大理石を張り、床は三色のテラゾー仕上げの 壮麗な歩廊になっています。

アーケード
             


大階段やエレベーターホールには、黄色大理石が多く用い られ、大階段は手摺廻りを大理石彫刻で飾り、エレベーターは黒大理石で縁取るとともに欄間や柱飾りにホワイトブロンズを用いるなど、豪奢な空間になっています

1階大階段
                 


3階エレベーターホール
                 

3階高島屋史料館(一部の展示)
                             


June 2010 撮影 柴田由紀江

大阪府大阪市浪速区日本橋3-5-25

竣工:昭和9年(1934年)

設計:鈴木建築事務所(鈴木禎次)

施工:竹中工務店

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、7階建て

   

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中