JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府堺市西区 四ツ池遺跡

(Yotsuike Site, Nishiku, Sakai City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General  
地下に眠る弥生の大集落遺跡
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


August 4, 2018 野崎順次  source movie

大阪府堺市西区浜寺船尾町・鳳北町

四ツ池遺跡

(Yotsuike Site, Nishiku, Sakai City, Osaka Pref.)

国史跡

大阪府堺市西区浜寺船尾町・鳳北町にある集落跡。大阪平野の南部、和泉丘陵から北へ突出している支丘の一つ、三方を崖と自然の河川に囲まれた船尾台地の北端に位置する。弥生時代を中心とした集落跡で、竪穴(たてあな)住居跡、掘立柱建物跡と土器、石器、木器などが出土。河内や紀伊方面との交渉を物語るものもあり、畿内(きない)にある弥生時代の遺跡として重要であるだけでなく、当時の和泉地方の状況を示す遺跡としても貴重なことから、1989年(平成1)に国の史跡に指定され、2001年(平成13)に追加指定を受けた。遺構は大まかに、3ヵ所の集落地域、2ヵ所の方形周溝墓群、2ヵ所の縄文時代遺構群に分けることができ、丘陵周辺には多数の溝や自然河川跡が認められる。集落群は遺跡の中心で、丘陵の先端に位置し、最初に弥生時代の遺構が検出された場所であり、25軒以上の竪穴住居が密集している。V字形の溝は丘陵を区画するように掘られ、溝内からは弥生時代前期の木葉文土器が出土。その他の地域でも縄文時代後期から始まり、弥生時代前期、中期を中心に平安時代にまでおよぶ遺構と遺物が検出されている。

(講談社「国指定史跡ガイド」ウェブサイトより)

現在は全てが地下に眠っている。観察できるのは、大まかな地形と史跡の広さだけである。史跡範囲の南部は浜寺中学校、四ツ池、浜寺船尾霊園であるが、北部は建物がなくよく保存されているが、大部分が柵に囲まれて立ち入り禁止である。

現地説明板と撮影歩行ルート

   

JR阪和線津久野駅から歩いて浜寺中学校の東側を北に歩くと、史跡の東北端にあたる公園がある。四ツ池遺跡の石碑がある。

           

史跡の北端を西へ歩く。西北部は柵に囲まれた草ボーボーの地帯。

      

国道26号線にあたるので、左折して南へ行く。史跡の西端沿いである。

       

大きな池がある。史跡の名前にもなった四ツ池である。その北側は浜寺船尾霊園である。池も墓地も史跡範囲内である。

            

池に沿って南に行くと、浜寺中学校との間に東に行く道がある。中学校全部が史跡範囲内である。

                     


All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中