JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府高槻市 番山古墳

(Banyama Tumulus, Takatsuki City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


October 7, 2018 野崎順次  source movie

大阪府高槻市上土室5

番山古墳は、直径56m、高さ7mの墳丘がのこり、周濠跡の形状から、南西側に短い前方部をもつ帆立改形の前方後円墳と推定されます。築造年代は、発掘調査で見つかった円筒埴輪などから5世紀後半と考えられ、土室地域を治めて豪族のリーダーの墓だとみられます。

富田台地北端に当たる土室地区には、丘陵部から平野部にかけて、番山古墳の他にも石塚、土保山、二子山、高樋など5世紀の古墳が集中し、土室古墳群と呼ばれています。西側にはヤマト王権の有力者が葬られた太田茶臼山古墳(現継体天皇陵、茨木市)が造営されていて、王権が地元の豪族を動員するなかで、藍野(富田台地)を開発したことがうかがわれます。

(現地説明板)

        

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中