JAPAN GEOGRAPHIC

大阪府八尾市 愛宕塚古墳

(Atagozuka Tumulus, Yao City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 大阪府下最大級の石室
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
  
 
 Culture
  
 
 Facility
 
 Food
  
 


June 9, 2018 野崎順次 source movie

大阪府八尾市神立4丁目

大阪府指定文化財

古墳時代後期の横穴式石室墳である。封土は墳頂部を除いてよく保たれており墳丘は径約二五メートル、高さ六、五メートルで、円墳の形状をよくとどめている。巨石を積み上げた横穴式石室は奥行一六、七六メートル、玄室の高さ四、一メートルを測り、高安古墳群中最大規模の後期古墳である。石室は古くから開口していたが、昭和四二年学術調査が行われた。遺物では凝灰岩製の家形石棺片、鉄製利器、金張鉄製品、土器のほか玉類、鉄地金銅張馬具など優れた副葬品が多量に残存していて被葬者の地位、性格を物語っている。

(『史跡の道・説明石板』(八尾郷土文化推進協議会・八尾菊花ライオンズクラブ・八尾市教育委員会、1984年)

周辺古墳群散策マップ

  

外部、石室入口

     

墳丘に上がる。北に向山古墳が見える。

    

横穴式石室内部、あいにく、水が溜まり、羨道の半ばまでしか入れなかった。

             

近くの不気味な沼

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中