JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

佐賀県白石町 縫ノ池
Nuinoike,Shiroishi Town, Saga pref.

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


May 14,2018 瀧山幸伸 source movie

川津地区の中心部に位置する湧水による池である。広さはおよそ0.6ヘクタールで、池の中央には市杵嶋姫命を祀る厳島神社がある。地下水の過剰汲み上げにより40年以上枯渇していたが、2001年に湧水が戻り復活した。佐賀県が選定する「22世紀に残す佐賀県遺産」の一つ。
池の位置する白石平野(佐賀平野西南部)西部の杵島山麓一帯には元々北部九州有数の湧水群が存在しており、縫ノ池も800年以上の歴史があるとされている。この湧水群は地域の農業用水、生活用水として利用されてきたが、国策として干拓事業が進められ農業用水が増大すると、付近を流れる六角川は有明海から海水が遡上するため利用が難しかった白石平野では水不足が常態化した。さらに、昭和30年代前半の旱魃対策として多数の深井戸が掘られ、生活用水も地下水に頼るようになった結果、この地域の湧水群は全て枯れ果て、縫ノ池も1958年に干上がってしまった。
しかし、2001年4月に飲料水を佐賀導水事業の佐賀西部広域水道企業団によって表流水に転換すると、直後から厳島神社の周囲から湧水が出始め、池が復活した。湧水は飲用にも適しており金妙水と名付けられ、地域住民が設置した汲み取り口は水汲みスポットとして観光地のひとつとなっている。汲みとり口の湧水量は毎秒1.2リットで1日に100,000リットル。湧水は池の中数カ所にあり、一日に湧き出る水の全量は200,000リットルにはなると見られている。(wikipedia)                                                  

付近はタマネギの産地
  

All rights reserved 無断転用禁止
 会員募集中