JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県彦根市 彦留神社

Hikotomejinja ,Hikone city,Shiga
Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water

 

Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Nov.2011 中山辰夫

彦根市彦富町1764

 

祭神:彦留亥大神 〔配祀神〕 猿田彦命 大山咋命県道20号線愛知川・彦富線の彦富交差点より300mほど北上した道路沿い、愛知川右岸の集落の中に鎮座する。

狭い境内に大きな拝殿と彫刻の素晴しい本殿が建ち並び、頭の大きい狛犬がいる。

境内には室町時代の残りのよい石造宝塔がある。延暦年間(782〜806)の創祀、後二条天皇の代に整備された。

元亀の兵火で縮小された。かつては亥大明神、或いは彦留明神と称していたとされる。鳥居と拝殿

拝殿は、 間口五間 奥行三間の入母屋造りである。

本殿の周囲は囲まれている。

本殿

三間社流造 向拝一間 桧皮葺

本殿は中規模な三間社流造本殿で、通例通り前室・向拝付きである。

柱上組物の尾垂木付き二手先には拳鼻が付き、蛇腹支輪と波や花を彫った板支輪をおく。

数多い斗・肘木の尾垂木・木鼻・彫刻が混然一体となって、とりわけ妻部に派手な意匠を造りだしている。

近世後期らしい社殿で、県内でも秀作の一つとされる。

妻と庇正面

狛犬

由緒

「宝暦社堂帖」彦富村の条に「亥大明神一丈八尺一村の産土神也」と見ゆ。

社伝では延暦年間の創祀で後二条天皇の時、伴主計頭なるもの神仕すと伝える、徃古大祭には「カントウ」の神事を行っていたが、

元亀兵火後は復旧せず、現在は渡御を行うのみである。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中