JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県彦根市 来迎寺

Raigoji,Hikone city,Shiga
Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water

 

Flower
 
Culture
重要文化財の仏像あり
Facility
 
Food
 


Nov.2011 中山辰夫

彦根市五番町本尊:阿弥陀如来

国重要文化財:木造阿弥陀如来坐像宗安寺の一筋南の通りには寺が多い。来迎寺もその並びにある。慶長8年(1605)宗誉来極の開基とされる。

もと甲賀郡にあったが安土・佐和山を経て現在地に移ったとされる。

狭い境内に本堂・庫裏・書院・鐘楼門が建っている。

寛永年間以来朝鮮信使の宿舎として利用されたため、井伊家の補助でしばしば修理がされた。中官の宿舎となった。寺宝である木造阿弥陀如来坐像は建久7年(1196)造立の銘があり彦根市内各本尊仏の中では最古のものとされる。

像高97cm、桧材、寄木造り、御姿が西方極楽浄土で説法する様子を、指先のしなりにまで端正に写実した貴重な

例として大正12年に国指定重要文化財に指定された。山門

本堂

観音堂

阿弥陀如来坐像

重要文化財

鎌倉時代初期 ヒノキ寄木造 説法印を結ぶ古風な像

優れた作行きを示す本格的な等身大の像(像高96.4cm)です。

しかも、像内に記された銘文により、鎌倉時代初期の建久7年(1196)に造立されたことがわかることも貴重です。

このお像を拝して、まず目につく特徴は、両手の臂(ひじ)を強く屈して、胸の前で両手とも親指と中指を捻じていることです。

不思議な手の形ですが、どんな意味があるのでしょうか。

このように、仏像が手指で結ぶ印の形を、印相(いんぞう)と呼びます。そして儀軌(ぎき)という決まりによって、尊像ごとにどの

印を結ぶかが決まっています。 仏の備える働きを象徴的にあらわしているのです。「彦根博物館HPより」概要: 

来迎寺の創建は建久7年(1196)に開かれたのが始まりとされ、鎮守社である弓矢八幡は源三位頼政が宮中に現れた

鵺を退治する際、使われた弓矢が奉納されたと伝えられている。

当初は佐和山東麓にあったが、慶長8年(1603)彦根城築城の際現在地に移された。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中