JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県日野町 正法寺

Shoboji, Hino town, Shiga
Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


蒲生郡日野町鎌掛2145 正法寺宝塔 重文 近世以前/その他 鎌倉後期 正和4(1315) 石造宝塔 正和二二年大才乙卯十二月参日の刻銘がある 19600209


Apr.26, 2014 中山辰夫

正法寺

蒲生郡日野町鎌掛2145宗派:臨済宗 本尊:十一面観世音菩薩立像「33年に一回開帳」 1692(元禄5)年、普存禅師によって創建された。

境内には、大日堂、閻魔堂、地蔵堂、稲荷神社、琴平さyがある。

正法寺山と境内

石造宝塔 国重要文化財

1315(正和4)年鎌倉時代に造られたとされ、1960(昭和35)年に指定された。高さ2.75mで優美で優れた様式を持ち滋賀県を代表する石の塔である。

石材は米石で完存している。各面に輪郭を蒔き、格狭間を入れる。そのうち正面だけを小さな開花蓮で飾る。

“藤の寺正法寺”として有名

樹齢300年以上の見事な不二が4月下旬ころから花房を垂らす。長いものは1m以上に達する。

日野観光協会(HPより)

鎌掛の里


Feb.2012 大野木康夫

所在地 滋賀県蒲生郡日野町鎌掛2145 2011.3.26撮影 正法寺は日野町南部の鎌掛地区にある臨済宗の寺院で、藤の寺として知られています。

訪れたのは3月末ですが、雪が降っていました。境内各所

宝塔(重要文化財)正和4(1315)年の刻銘があります。

本堂の少し山手にあります。

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中