JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

滋賀県大津市 日吉東照宮
Hiyoshi Toshogu,Otsu city,Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 



大津市坂本4-2-12 日吉大社末社東照宮 本殿・石の間・拝殿 重文 近世以前/神社 江戸前期 寛永11(1634) "本殿 桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、銅板葺 石の間 桁行三間、梁間一間、一重、両下造、銅板葺 拝殿 桁行五間、梁間二間、一重、入母屋造、正面千鳥破風付、向拝三間、軒唐破風付、銅板葺" 19170405
大津市坂本4-2-12 日吉大社末社東照宮 唐門 重文 近世以前/神社 江戸前期 寛永11(1634) 四脚平唐門、檜皮葺 19560628
大津市坂本4-2-12 日吉大社末社東照宮 透塀 重文 近世以前/神社 江戸前期 寛永11(1634) 一周延長五十四間、檜皮葺、潜門二所を含む 19560628
Mar.1,2016 中山辰夫

石段


外観


極彩色の華麗な唐門と拝殿・本殿の一部


遠景



Feb.1,2015 大野木康夫 source movie

雪の日吉東照宮



May 18,2014 大野木康夫 source movie 日吉東照宮は毎日曜、内部の拝観ができます。
この日は石の間の特別拝観が行われていました。




Apr.7.2014 中山辰夫

大津市坂本4丁目2−12 東照宮の周辺には桜の木はすくない





Aug.2013 酒井英樹

日吉大社末社東照宮
滋賀県大津市 撮影:2007年2月、2012年7月

日吉東照宮(日吉大社末社東照宮)は日吉大社の南方の飛び地境内ににある。徳川家康の知遇を得ていた天海大僧正によって元和9年に経営された。本社とは別の参道を持つ。創建時の社殿は檜皮葺きであったが、寛永8年(1631)の大風で倒壊し、寛永11年(1634)に造り替えられた。
本殿・石の間・拝殿より成る権現造、銅瓦葺きに変更された。明治以降、社殿は日吉大社の末社となり、本殿・石の間・拝殿、唐門、透塀は江戸初期の華麗な霊廟建築装飾による建築である。
〈本殿・石の間・拝殿〉  本 殿:正面3間、側面3間、組物二手先、中備蟇股、二軒繁垂木、入母屋造、妻虹梁大瓶束
石の間:正面3間、背面通し1間、側面3間、組物出組、中備蟇股、二軒繁垂木、両下造
拝 殿:正面5間、側面2間、組物二手先、中備蟇股、二軒繁垂木、入母屋造、妻虹梁大瓶束、正面千鳥破風
総銅瓦葺
江戸時代[寛永11年(1634)]   本殿・石の間・拝殿 蟇股位置図  日吉東照宮蟇股位置図    《拝殿内部》 [壁画(舞楽)] 舞人
所作などから演目は「蘭陵王」と思われる。「蘭陵王」は本来舞楽面を付けた走舞ですが、女性や子供が舞人の場合、「女舞」として化粧して舞楽面を付けずに舞うが、最近では女性が舞楽面のままで舞うこともある。
楽人
描かれているのは「笙」と「篳篥」の奏者。本来、「龍笛」を入れ三管で演奏するのだが、「龍笛」の奏者は描かれていない。 楽人[笙] 楽人[篳篥]
 [蟇股彫刻] 【01】
【02】
【03】

【04】
【05】
【06】
【07】
【08】
【09】
【10】
【11】
【12】
【13】
【14】
 《石の間内部》  [蟇股彫刻] 【15】
【16】
【17】
【18】
【19】
【20】
【21】
【22】
 《蟇股彫刻(外部)》 【23】
【24】
【25】
【26】
【27】
【28】
【29】
【30】
【31】
【32】
【33】
【34】
【35】
【36】
【37】
【38】
【39】
【40】
【41】
【42】
【43】
【44】

 《蟇股彫刻(向拝部)》 【45】
【46】
【47】
 《彫刻(千鳥破風内)》
《彫刻(木鼻)》
 《彫刻(手挟)》 本殿・石の間・拝殿 手挟彫刻位置図  日吉東照宮手挟彫刻位置図 @
A
B
C
D
E
F
G
  〈唐門〉  四脚平唐門、組物大斗実肘木、一軒茨繁垂木、唐破風造、妻蟇股、檜皮葺
江戸時代[寛永11年(1634)]  《彫刻》
 
Jan.2009 瀧山幸伸 source movie








Mar. 2006 瀧山幸伸
外部
No.1  source movie






All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中