JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県草津市 鞭崎八幡宮

Kusatsu Muchisaki Hachimangu

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


草津市矢橋町1462 鞭崎神社表門 重文 近世以前/城郭 桃山 慶長(1596-1614) 高麗門、本瓦葺 19240415


 

September 20,2020  大野木康夫 source movie

境内入口
   


表門(重要文化財)

慶長年間(1596-1614)の建築
高麗門、本瓦葺

膳所城の南大手門を移築したもの
                                         


境内
  


Aug. 2009 撮影/文: 中山辰夫

鞭崎八幡宮( むちさきはちまんぐう )

草津市矢橋町1462 

鞭崎神社は、JR草津駅の南西約4km、浜街道から約150m、石津寺(せきしんじ)の近くにある。

鞭崎神社の前を通る浜街道からの道は矢橋道と呼ばれ、東海道沿いの矢倉から分岐している。

矢橋道は、近江八景・矢橋帰帆として著名な旧矢橋港への道である。江戸・京都へ旅する人々は大津石場と矢橋間の渡し舟を利用し、長い旅先を急いだ。

さて、鞭崎神社は奈良時代中期に大中清麻呂が創建したと伝わる。郷土史の参考資料に「東海道名所図会」と「近江名所図会」があるが、この両書の草津宿場の名所旧跡として、鞭崎八幡宮が次のように記述されている。

「矢橋郷の傍らにあり。神事5月4日。祭神三座あり。左は神功皇后、右は武内大臣。社伝に、天武天皇白鳳4年(675)2月11 日、大中臣清麿勅を奉じて創建する。伝に曰く、建久元年(1190)10月2日の源頼朝上洛の時、この祠(八幡宮)の南を通りかかり、馬上より鞭を指して

如何なる神かと浦人(矢橋浦の住人)に問うに、八幡宮のよしを伝えた。大?軍は急ぎ馬から下り、偈仰し(拝礼し)再拝し給うた。」とある。

このことから里人は、鞭の先でさされた鞭崎の八幡宮と呼ぶようになった。

同年8月頼朝公は卜部兼藤に社壇再興を命じた。

昔この草津の地に大きな藤の木があった。

当時はこの藤の蔓で馬上の鞭を作っていたが、フジ・ブチは訓よみにて、草津産の竹の根の鞭が使われていた。

[草津風土記 中川良太著 宮川印刷より抜粋]

近世には膳所藩主歴代の崇敬が厚く社運は隆盛した。

鞭崎八幡宮は旧東海道から約2.2km、矢橋道を600m歩くと矢橋港に着く。

八幡宮は海陸交通盛んな地域にあって重要なスポットであった。

     表門 

1614年:建築

国重要文化財:建造物:指定1905・04・15

高麗門 本瓦葺 

表門は、明治時代まで250年間続いた膳所城の南大手門を譲り受けたもの。太くて頑丈な木材が縦格子に組み立てられ、その上に板を平列に張

り、さらにその上に、鉄板を直角に縦方向に張ってあり、堂々とした威厳を漂わしている。

       木造普賢菩薩座像(南北朝)

国重要文化財:彫刻:指定1900・04・07  

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中