JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県米原市 湯谷神社

Yutanijinja,Maibara city,Shiga
Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
米原曳山祭り
Facility
 
Food
 


Nov.2011 中山辰夫

米原市米原771

祭神:大己貴命 水門神 保食神

祭礼:10月10日(米原祭)湯谷神社は、米原駅より東へ約400m、だらだら坂を登りつめた太尾山の麓にある。歴史は古い。

社伝によると出雲国の人が諸国行御の途次、鎮座地(湯谷と称する)で村人に地を穿たせたところ温泉が

湧き出したので祠を建てたという。「輿地志略」によると、この温泉は諸病に効いたが、ある人が馬を湯坪で

洗ったため湯が枯れてしまったという。

同社の祭礼(10月10日)には曳山が出てその上で子ども歌舞伎が演じられる。一の鳥居を過ぎると境内、すぐに二の鳥居となる。

二の鳥居の正面は拝殿

入母屋造 間口3間 奥行3間

拝殿から中門および本殿は囲まれて見えない。

本殿

三間社流造 軒唐破風付 間口一間二尺 奥行一間二尺

境内社(摂社・末社)

前光稲荷神社 六所神社 牛頭天王社 金刀比羅神社 春川稲荷神社

由緒

創祀年代は不詳である。古来六所権現と称したが、明治以後地名に因み、湯谷神社と改称した。

上古出雲国人が諸国を巡ってこの地に至り、里人に池を掘らせると、霊泉が湧き出、又荒地を開墾したところ、五穀が

よく成育したので、出雲の祖神大己貴命を小谷の岩上に奉斎した。

温泉は万病に効くと伝えられ、崇敬者が多く、後に水門神、保食神を合祀したと伝えられている。

輿地志略に「湯谷は昔此の地に温泉あり諸病を治す。或日葦毛の子を此の湯坪に洗いしより此の湯かるゝ」とある。

後白河上皇の御代、日吉の社領となって、当社を山王権現社とも称せられた。

今井備中守秀遠は、箕浦庄の地頭職として、当地を治めた故、当社を守護神と崇め、その一族米原氏も社殿を修理し、

社領を献じた。

文明3年米原山太尾城に激戦があり、当社は焼失したが、天文13年今井氏は、米原氏をして再興せしめ、大山咋命を

勧請した。

文禄4年岩脇氏は、社殿を修復し神門を寄進した。

享保17年彦根藩主井伊直惟は社殿を再興し、手水鉢、木造狛犬を献じ、明治22年には、三条実美が社号額を寄せている。

又境内には明治11年明治天皇北陸巡幸の際小休止された北村邸の行在所がある。 10月 11日 曳山祭り

起源不詳。毎年、湯谷神社の例祭日を中心に行われている。

明和7年(1770)に三基の曳山がつくられたのがその始まりという。現存の曳山は江戸時代末期以降に使われだした

もののようである。

北・中・南の各町から一基ずつ山車を出し、境内で奉納後、各町を巡行し、庶民的で優美な子供狂言を繰り広げる。

御幣渡しに始まり、宵宮、役者渡りと奉納、後宴、御幣返しといった次第で執り行われる。

境内の一角に曳山の蔵がある。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中