JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県大津市 早尾神社と千石岩

hayaojinja and Sengokuiwa,Otsu city, Shiga

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water

 

 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


April.13.2018 中山辰夫

大津市山上町

早尾神社は山上不動堂の北側にある。

神社の草創は古く859(貞観元)年に坂本日吉七社のうちの早尾明神を勧請したとされ、寺門伝記補録に崇福寺に関係あるように匂わしている「近江野ざらし行」 新羅善神堂(国重文)とともに、明治の神仏分離までは三井寺北院の鎮守神の一つであった。

境内には三井寺の草創者、大友与多王(大友皇子の子)を祀る大友社がある。

皇子山公園より山手に上り、山上不動堂へゆく石段の参道を辿る。山上不動堂へは途中でわかれる。

     

本殿は左右に回廊が設けてある。

        

早尾神社は山門(比叡山延暦寺)、寺門(三井寺)の対立により幾度となく灰と化した後、江戸中期、1781(天明元)年山上村在住の村人たちにより再建されたという。

現在の社殿は1952(昭和57)年に新しく建て替えられたものである。

拝殿と手水舎

    

十六菊の紋が目に入る。

大友社 本殿の右側に建つ−大友与多王を祀る。

 

大海人皇子(天武天皇)と、帝位を争って敗れた壬申の乱の一方の旗頭、大友皇子(弘文天皇と追号)の非業の最期を弔うために、皇子の子息与多王が、所有する田園城邑を投じて寺院を建立した。これが園城寺の起こりとされる説がある。

境内社 蛭子社と八幡社 本殿の左側に建つ

 

長等山阿弥陀板碑 参道の赤い橋を渡った右手に立つ

  

3m近くの細い板碑。上方に阿弥陀仏座像が浮き彫りされ、連座上に定印を結んで坐っておられる。

鎌倉時代末までに彫られたものとされる。

参考

園城寺(三井寺)は、長等山の中腹から山麓一帯に百万㎡の境内を持つ。南院・中院・北院にわかれており、早尾神社は北院にある。

北院には、円満院や法明院、国宝新羅善神堂、弘文天皇陵などがある。

千石岩

JR西大津駅から西方約1.6kmの皇子が丘公園の山手に突き出た巨岩

早尾神社後方、本堂の裏側を過ぎ細い山道から登る

    

千石岩まで500mの案内 少し離れた地点から登山道が続いている

      

千石岩まで200mの案内 山道にはロ−プが張られ少し急坂となる。

      

ヤマツツジ

    

千石岩

          

高さはmax30mもある巨岩で全景を写せない。恐らくこれが早尾の神のご神体であったと思われる。

その名の由来は、米俵千石を積み上げた形だからとか、岩面が米俵千石が並ぶ広さであるからとか、また琵琶湖が今より広かったころ、千石積みの船をこの岩につないだからともいわれる。

フリークライミングの練習場として利用されている。

  

千石岩の頂上からの琵琶湖は美景と聞く。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中