JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県大津市 桐畑古墳

Kirihatakofun,Otsu city,Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Nov.5,2015 中山辰夫

桐畑古墳(熊ケ谷古墳)

大津市滋賀里熊ケ谷

坂本から皇子山の山麓部には、1000基を越える古墳が造営され、志賀群集墳とも称される。

横穴式石室を主体部とする後期群集墳で、持ち送り技法による石室や、ミニチユア炊さん具セットの副葬など、渡来人のお墓と言われている。

京阪電車石山坂本本線 「滋賀里駅」下車 駅前の道路を真直ぐ山側に向かい道なりに歩く。 緩やかな上り坂である。

集落の民家は立派な石積で囲われている。

桐畑古墳

古墳群内で最も規模の大きな石室を持ち、玄室の長さ5m、幅3.1m、高さ3.6m以上、羨道が長さ6m、幅1.4m、高さ1.6mある。

羨道部

内部

玄室の天井石はあなく、玄室の中央に立って上を見上げると、四壁(奥壁・左右側壁・前壁)が天井部に向かってすぼまっている。

このように四壁を天井に向かってすぼませる構造を持ち送り構造といいわれる。

この持ち送り構造を持ち、天井を1〜2石で構成する形態がみられるのが、この比叡山東麓に広がる古墳群の石室の特徴。

玄室の奥にはお不動さんが祀ってあり、現在でも信仰の対象となっている。

素晴らしい眺望

この先少し歩くと百穴古墳である

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中