JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県大津市 祥瑞寺

Shozuiji ,Otsu city,Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
モミジ
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Aug.2011 中山辰夫

大津市本堅田1−27−20

臨済宗

本尊:釈迦如来坐像

伊豆神社の東を通る道を100mほど歩いて左に曲がると、門前に「一休和尚修養地」とある石碑がみえる。ここが祥瑞寺である。

近江の臨済禅の中心道場として知られていた。

大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)が応永13年(1406)開山。華叟宗曇が住持となったことで、堅田の禅宗は大きく伸びた。

“とんち”で有名な一休宗純は宗曇の弟子で、青年時代修行した寺として有名。

堅田には農漁民の全人衆(まとうどしゅう)と地侍階級の殿原衆(とのばらしゅう)とがいたが、殿原衆と呼ばれる人々の崇敬を集めた。

この寺は何回も兵火にあいながらも殿原衆の支持で復興・維持されてきた。

境内

敷石に従って進む。

句碑

境内には句碑が多く建つ。

鐘楼

本堂

本堂の方丈は大正時代に焼失している。

現在の方丈は、昭和8年(1933)に再建されたもの。

鎌倉期の禅宗の様式を忠実に踏襲していて、一休を輩出した寺にふさわしく、清浄で風格ある佇まいである。

山門を入り庫裏の左手奥に書院と庭がある。門から中を覗き込んで写す。

書院と書院庭園

江戸時代の堅田藩第三代藩主堀田正永の墓がある。

祥瑞寺で青年時代を送った一休の像で、開山堂に安置されている。宗曇の木像も安置されている。

一休宗純は、21才のとき師謙翁を亡くして悲嘆にくれ、石山寺に詣でたあと琵琶湖に入水した。

母からの使者により助けられた一休は、聖瑞庵の華叟の門をたたき拒絶されるが、「不少屈、夜投虚舟、且造庵前」とねばり入門を認められた。

22才から足掛け13年修養した寺である。その間に悟りを開くとともに一休の道号を与えられた。

一休はのち、大徳寺の第48世の住職に迎えられた。

芭蕉の句碑

元禄3年(1690)、芭蕉も訪れ、「朝茶のむ 僧静也(しずかなり) 菊の花」の句を残し、境内に句碑がある。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中