JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

滋賀県近江八幡市 荘厳寺
Oumihachiman Shougonji

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 



Jan.2010 撮影/文:中山辰夫


近江八幡市安養寺町826
浄土宗

JR篠原駅から東へ200m程歩くと交差点があり、そこの踏切りを超えると、左側に上野神社それに隣接して荘厳寺がる。
歩いて10分程の距離で、そこから五重塔までは数分である。
開創年代など不明
この辺りの丘陵地が安養寺跡(天台宗)である。
寺跡からは奈良時代の古瓦・石仏・石塔が出土し、この寺院は古代から中世にかけて隆昌した。
寺院跡の周辺には安養寺遺跡・車塚・堂山古墳・円山古墳群があり、古代この地は桐原郷の奥津城でもあった。
元亀2年(1571)織田の兵火により堂舎は焼失。
戦火の中で仏像の一部は運び出され避難した。
それから30余年の星霜を経て慶長9年(1604)浄土宗の朝譽(ちょうよ)が堂を建て荘厳寺と改称した。
境内には石仏群が建ち並ぶ。
のち再建されるが、江戸時代の天明年間(1781〜8)に再び焼失。
明治44年(1911)に再建された。
洪鐘は正保2年(1645)上野神社の神鐘として鋳造されたが、明治以降当寺に移る。
棟梁は高木作右衛門との棟札・棟文あり。

本堂に入ると、正面に本尊の阿弥陀如来がある。
その右脇に木造聖観音像、左脇に木造空也上人立像、阿弥陀如来の裏側に木造釈迦如来立像が安置されている。


寺宝である次の三体の仏像は国重要文化財である。いずれも安養寺の遺物とみなされる。
釈迦如来立像(木造彩色、切金、玉眼。平安時代
 聖観音像 (木造素地、平安時代)
 空也上人立像(木造彩色、玉眼、鎌倉時代)



上野神社
近江八幡市安養寺町

荘厳寺に隣接している。本堂が新しく建立中であった。
もと牛頭天王社と呼ばれ、桐原7カ村の氏神であったが、安養寺の守護神として、水の神として崇敬された。
境内の宮井戸之跡は清水が湧いた。
本殿は擬宝珠銘に「貞享元年(1684)」とあり、この年に再建されたものである。

寺宝である次の三体の仏像は国重要文化財である。
木造巣戔鳴尊坐像 大己貴命立像 菅原道真坐像

参考資料《近江蒲生郡史、滋賀県歴史散歩》




All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中