JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

滋賀県竜王町 八幡神社
Hachimanjinja,Ryuo town,Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 



蒲生郡竜王町島41 八幡神社宝塔 重文 近世以前/その他 鎌倉後期 正和5(1316) 石造宝塔(相輪上部を欠く) 正和五年十月廿五日の刻銘がある 19540320

September 19,2015 大野木康夫  source movie

八幡神社宝塔は水田の中に位置しています。
稲穂の季節の撮影です。




Oct.2011 大野木康夫 source movie

八幡神社宝塔 所在地 滋賀県蒲生郡竜王町島 2011.2.19撮影  竜王の苗村神社から県道541号線を北に少し行き、綾戸北の信号の次の交差点を左折すると島の集落です。
神社の裏手に車を止めることができます。 宝塔は、来た道をさらに奥に入った水田の中にぽつんと立っています。 宝塔(重要文化財) 正和5(1316)年のもの
石造宝塔(相輪上部を欠く)
正和五年十月廿五日の刻銘がある 水田の中にあるので、水が張ってある時は、細いコンクリートの通路を伝って行かなければ近づくことができません。
(2010.6.5撮影)

 

Nov. 2009 撮影/文: 中山辰夫
重要文化財:建造物:1954・03・20 鎌倉時代 1316年 八幡神社の宝塔は、嶋集落外れの田圃の縁にぽつんと立って入る。
稲刈りが終わって、全貌がでて所在がわかった。この場所は八幡神社の御旅所であったとか。宝塔は花崗岩製である。
下部は地中に埋まり相輪の上部は欠損しているが、他の部分は完存している。高さが2mに近くあって見事な造りである。
塔身に鎌倉時代末期の「正和五年(1316)丙辰一月十五日、一結衆造立之」の造立銘が残っている。
一結衆とは多数の人が願主となった場合、一名の名を出さず造立した場合に用いる用語である。
笠の四柱の屋根は一直線に流れ、各隅に降棟をつけ、相輪は九輪の内、七輪まで残している。
《参考文献:歴史と文化 近江、滋賀県の歴史散歩》

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中