JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

滋賀県高島市 畑の棚田
The rice terraces oh Hata, Takashima city, Shiga

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

August 26,2018 大野木康夫  source movie
 
晴天の早朝、林道からの俯瞰

                                         

東側林道脇から

                       




May22, 2015 大野木康夫 source movie

所在地 滋賀県高島市畑

谷の傾斜に逆らわず階段状に作られた棚田。
棚田は生態系の維持に大きな役割を果たし、景観的にも"日本の原風景"と高く評価されています。
農林水産省が全国の134地区の1つとして『日本の棚田百選』に指定しました。
滋賀県内で唯一の指定となったこの棚田は畑地区内の15.4haに広がる359枚で、維持・保全への取り組みとともに農村風景としての美しさが高く評価されたものです。
(高島市ホームページより)

畑は高島市の旧高島町西部、比良山脈に食い込んだ谷合の集落です。
公共交通機関だと、JR湖西線近江高島駅から江若交通のコミュニティバス(土日だと1日9往復)で20分強、終点が畑です。
この日は早朝の撮影なので、車で行きました。
棚田を俯瞰する撮影スポットは集落手前から横谷林道を登り、横谷トンネルの手前なのですが、林道入口に「通行禁止」という表示があったので、あきらめて徒歩で上ることにしました。
集落の中にも駐車スペースはありますが、俯瞰したときに車が見えないよう、集落入口(バス停手前)の駐車スペースに駐車して上りました。

 

上る途中、夜明け時の風景

     

展望スポットは、旧朽木村村井に抜ける横谷林道の横谷トンネル手前、木々が切れた場所の崖側に、数人が登れるようになっているところです。
集落手前の駐車スペースから約2q、途中急坂や獣害対策のゲートもあり約20分強かかったため、マジックアワーの半分強を逃してしまいました。
着いてみると、先に一人の方が車でこられており、林道の高島側は通行可能ということでした。
朝焼けの中、畑の棚田、隣の黒谷の棚田に加え、琵琶湖、対岸の湖東の山々まで見渡すことができました。
棚田にたなびいているのは朝もやではなく、刈った草を燃やす煙です。
約40分、シャッターを切り続けました。

                                                                                    

帰りの横谷林道

 

獣害対策ゲート付近から

   

集落に下りる道から

     

集落の西側(上部)

              

展望スポットから見て煙が上がっていたところ

                          

集落の南へ向かう道

          

集落中心部付近

                 

交流館、八幡神社付近

                 

集落入口付近から南東の棚田

      

北東の棚田を遠望

     

バス停付近

   

取り分けて規模が大きいわけではありませんが、曲線的な部分も多く、優美です。
かなり前に、NHKの番組で、人の生活と自然との接点として、この棚田と周辺の里山が取り上げられていたのを覚えています。
そのころからすると、地域の担い手が減少していることから、棚田オーナー制度を整備され、景観保持に務めておられます。
オーナーは毎日の手入れ作業ができるわけではなく、そこはまだ地域の方が担っておられ、これから一層高齢化が進むと見込まれることから、棚田の景観保全に向けて根本的な対策が必要であると感じました。


All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中