JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県高島市 日本基督教団今津教会

UCCJ Imazu church,Takashima city,Shiga

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


August 20, 2022 野崎順次  source movie


滋賀県高島市今津町今津
今津ヴォーリズ通り
(Imazu Vories Street, Takashima City, Shiga Pref.)


JR近江今津駅から北へ10分ばかり歩くと、辻川通りであるが、その内、JR湖西線から滋賀県道333号線(風車街道)の北西から南東へ約200mの通りが、ヴォーリズ通りで、3件のヴォーリズ設計作品が並ぶ。

パンフレット
      


国登文 日本基督教団今津教会(旧今津基督教会館)昭和前期 昭和9年
木造平屋建、瓦葺、建築面積130㎡、塔屋付
木造,平屋建,外壁モルタル塗,瓦葺(元スレート葺)で,ほぼ正方形の聖堂を中心に,北に講壇,南に玄関ホールを置き,4隅に事務室,図書室などを配す。正面に大きな妻面を見せ,頂部に塔屋をあげた明朗で印象的な外観をもつ。ヴォーリズ建築事務所の設計。
(国指定文化財等データベースより)
                            




Oct.2014 中山辰夫

撮影:Sep.12.2014

高島市今津町今津

国登録有形文化財

ヴォーリズ通りにある。

                 

今津教会は今津資料館(1923 大正12年)より10年ほど遅い1934(昭和9)年に完成した。因みに今津郵便局は1936(昭和11年)の完成である。

日本基督教団はプロテスタント系の教会である。一般にカトリック系の教会堂は華麗で、宗教的陶酔に誘うに対し、プロテスタント式のものは精神的な緊張感を求める。従い、デザインの上でも見せ場をつくらず、装飾についても抑える傾向にある。

設計を担当したヴォーリズは、外観のポイントを塔と玄関に置いた。

何の飾りもないが、中心軸を揃え、屋根の傾きをそろえて相似形の三角を繰り返し、冴え冴えとした印象を持たせた。

門柱も、白いモルタルを粗く塗ってレンガを散らす手法を用いている。

正面玄関の「今」の文字は中国の篆書体によるもの

会堂内部は中央に礼拝堂、玄関の両側に事務室と読書室を配し、講壇の両側にも教室が置かれた構造。

実用的な要素だけであるが、木の質感や講壇を囲む扁平なアーチが祈る人々の心を慰める。気高さとぬくもりが感じられる。

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中