JAPAN GEOGRAPHIC

滋賀県高島市 田中神社

(Tanakajinja Shrine, Takashima City, Shiga Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 
 


April 18, 2021 野崎順次 source movie

滋賀県高島市安曇川町田中1811


鳥居と参道
          


石段横の斜面に宝塔3基、宝篋印塔2基が並んでいる。いずれも鎌倉後期で、5基並び立つのは壮観である。
                     


以下、石造物の説明は、河合哲雄「石仏と石塔!」ウェブサイトより引用させていただいた。

市文 宝篋印塔 鎌倉後期 永仁二年(1294)花崗岩
塔身は、新しく後補。相輪も五輪を残し、上部を欠失する。笠の段形は、下二段、上段は五段、隅飾は直立し、二弧輪郭付で、内は無地。隅飾(すみかざり)は大きく二弧輪郭付、馬耳形で古風。内は無地。基礎上端は二段、側面は輪郭を巻き、内に格狭間をつくり、三茎蓮を浮彫にする。永仁二年(1294)の紀年銘がある。
     

宝篋印塔残欠 鎌倉後期 永仁二年(1294)花崗岩
笠の段形は、下二段、上段は五段、隅飾は直立し、二弧輪郭付で、内は無地
  


石造宝塔 鎌倉後期 花崗岩
相輪は欠失し、五輪塔の風・空輪を載せる。基礎は素面。塔身上部は二段で、高欄も細かく刻む。塔身正面に仏坐像を半肉彫りする。
           


石造宝塔 鎌倉後期 花崗岩
側面無地の基礎上に、相輪上端を欠失し、小宝篋印塔の笠を載せる。塔身上部は二段、四方に扉型を刻出する。
         


石造宝塔 鎌倉後期 花崗岩
笠は頂部に露盤、四隅に降棟、笠下に二段の段形をつくりだす。塔身上部、円板状の上に高欄・首部をつくる。塔身は、正面のみに鳥居形を刻み出す。基礎は、壇上積式で格狭間内に開蓮華文様を一面、三茎蓮を二面刻む。基礎側面の三茎蓮文様(他の一面は素面)相輪は上部を欠失する。笠・基礎に比べ塔身がやや小さい。
          


その他、花
     


All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中