JAPAN GEOGRAPHIC

静岡県浜松市北区 井伊谷宮

(Iinoyagu Shrine, Kita-ku, Hamamatsu City, Shizuoka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
後醍醐天皇第四皇子宗良親王を祀る
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


August 24, 2019 野崎順次 

静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1

御祭神「宗良親王」は、後醍醐天皇第四王子(宮内庁調べ)であらせられ、今より約650余年、動乱の南北朝時代に一品中務卿(いっぽんなかつかさきょう)征東将軍として、この地を本拠に50余年の間、吉野朝方のためにご活躍になられました。

その間、遠江・駿河・三河・甲斐・信濃・越後・上野・美濃等を転戦し、信濃宮・上野宮・越中宮と尊称されました。

親王は、御幼少の折から御出家せられ、やがて京都比叡山天台座主となられましたが、時代の波は親王にも及び、還俗して宗良親王となり、戦陣の中へ身を置かなくてはならなくなったのです。

また、親王は、御幼少の頃より和歌に秀で、終生和歌の道の聖と仰がれました。唯その御生涯は、誠に悲惨な人生であり困苦辛難に満ちたものでしたが、どんな苦しい流浪の中にあっても和歌を離さず、準勅撰「新葉和歌集」(吉野朝の歌人だけを集めた)の編纂を始め、親王の歌集である「李花集」など当時の歴史資料としても貴重な和歌を多く遣されました。

晩年再びこの地を訪ねられ、元中2年8月10日御歳73才を以ってこの地で薨去されたと伝えられています。

(中略)

当宮は、明治5年に明治天皇の思し召しにより御鎮座、翌6年には静岡県内でも数少ない官弊社(井伊谷宮は官弊中社)という格式高い神社となりました。

以来昭和5年には、昭和天皇が御親拝になり、続く昭和58年には、現在の天皇皇后両陛下がご参拝される等、皇室とも大変関係深い神社であります。

(井伊谷宮公式ウェブサイトより)

パンフレットと現地説明板

        

一の鳥居から参道を進む。宗良親王の歌の札が架かり、その歌に解説文がある。

        

水原秋櫻子句碑

  

御神木

     

銘石「慈母観音石」

    

拝殿・本殿

        

摂社井伊社

    

宗良親王墳墓への道

    

資料館

                                 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中