JAPAN GEOGRAPHIC

静岡県伊豆の国市 江川家住宅

(Egawa Residence, Izunokuni City, Shizuoka Pref.)


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 主屋 重文 近世以前/民家 江戸前期 江戸前期 桁行25.4m、梁間18.8m、入母屋造、東面玄関付、銅板葺台所葺替之事1紙、韮山御屋敷台所建修覆積立帳,地割絵図一紙付1冊、台所其外修覆書付1冊、南米蔵1棟、裏門1棟、土塀1棟、板塀3棟、鎮守社1棟、北米蔵1棟 19580514

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 書院 重文 近世以前/民家 江戸後期 19世紀前期 桁行12.9m、梁間7.3m、寄棟造、茅葺、東面便所附属、西面主屋に接続 19931209

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 仏間 重文 近世以前/民家 江戸末期 19世紀中頃 桁行8.2m、梁間5.4m、寄棟造、茅葺 19931209

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 東蔵 重文 近世以前/民家 明治 明治18(1885)頃 土蔵造、桁行7.7m、梁間5.8m、二階建、切妻造、妻入、正面庇附属、桟瓦葺 19931209

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 肥料蔵 重文 近世以前/民家 江戸末期 19世紀中頃 土蔵造、桁行5.6m、梁間4.5m、二階建、寄棟造、妻入、茅葺、正面庇附属 19931209

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 武器庫 重文 近世以前/民家 江戸末期 19世紀中頃 桁行5.4m、梁間3.7m、切妻造、妻入、正面庇附属、桟瓦葺 19931209

伊豆の国市韮山韮山1 江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 表門 重文 近世以前/民家 江戸末期 安政(1854-1859) 三間一戸薬医門、切妻造、桟瓦葺 19931209


February 25, 2015 野崎順次 source movie

静岡県伊豆の国市韮山 韮山1

パンフレットと現地説明板        桝形      国重文 表門 江戸末期 安政(1854-1859)

三間一戸薬医門、切妻造、桟瓦葺           主屋の玄関あたり            奥へ進む、役所跡など。             主屋、東蔵、南米蔵、北米蔵、武器蔵が立ち並ぶ。        国重文 主屋 江戸前期

桁行25.4m、梁間18.8m、入母屋造、東面玄関付、銅板葺

附指定(建造物): 南米蔵1棟、裏門1棟、土塀1棟、板塀3棟、鎮守社1棟、北米蔵1棟                    内部                           国重文 東蔵 明治十八年(1885)頃

土蔵造、桁行7.7m、梁間5.8m、二階建、切妻造、妻入、正面庇附属、桟瓦葺            国重文附 南米蔵 明治二十五年(1892)

国重文附 北米蔵 大正八年(1919)         国重文 武器庫 江戸末期 19世紀中頃

桁行5.4m、梁間3.7m、切妻造、妻入、正面庇附属、桟瓦葺    井戸、びらんじゅ、パン祖の碑、梅                   国重文附 裏門 江戸後期 文政六年(1823)

門扉はもっと古く、多数残る穴は、天正十八年(1590)秀吉の軍勢による鉄砲玉や鏃の跡だとされる。             水仙など      その後、閉門となった表門を再訪         参考資料

江川邸パンフレット


Jan.2011 瀧山幸伸source movie

A camera

                                                                                                                      

B camera

                                                           


Jan.2005  source movie

江川家は保元の乱で破れこの地に居を定めたと伝えられている。江川氏は徳川時代、世襲で代官を勤めた。その範囲は武蔵から駿河まで広域であった。幕末の江川英龍は革新思想の持ち主で、農兵の組織化、大砲の製造、品川台場の築造計画を進めた。

宅地は3500坪、天神山を最頂部とし、山裾から東にかけて緩やかな傾斜の上に屋敷地を構え、風水害のない好立地にあり、四季折々の植物や鳥の声が楽しめる。

主屋は正面25.4m、側面18.8mと大きい。入母屋造、銅板葺。内部の梁組みは壮大で土間も広い。土台がなく、直接土に立つ生き柱が珍しい。ちょうな削り、開き扉など、建築に興味があれば細かい見所が多い。江戸時代前期の建築。

主屋の他、書院、仏間、東蔵、肥料蔵、武器庫、表門も国の重要文化財に指定されている。

伊豆旅行の機会にはぜひ立ち寄りたい。

 伊豆の国市韮山1番地

 

   

                           

資料館 特別展

        

資料館 山木遺跡

     

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中