JAPAN GEOGRAPHIC

静岡県掛川市 ねむの木村

(Nemunoki Village, Kagegawa City, Shizuoka Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
のどかな山間地、素敵な建築群 宮城まり子の愛だらけ
 Nature
 
かなり山奥
 Water
 
 Flower
 
 
 Culture
 
建築、絵画
 Facility
 
 
 Food
 
喫茶MARIKOのカレーライスとゆずゼリー


October 1, 2016 野崎順次 source movie

静岡県掛川市上垂木あかしあ通り1丁目1番地  

肢体不自由児療護施設ねむの木学園、学校法人特別支援学校ねむの木、身体障害者療護施設ねむの木・のどかな家、吉行淳之介文学館、ねむの木こども美術館(どんぐり・ねむの木緑の中)、三軒のこどものお店、喫茶MARIKO、の施設などを総称して「ねむの木村」という。

ねむの木学園は、女優・宮城まり子が設立した肢体不自由児のための療護施設。宮城は、次に施設の子供たちのための学校(ねむの木養護学校)を作り、また大人になった子供たちのため、身体障害者療護施設(ねむの木・のどかな家)を作った。

学園では勉強だけでなく、美術、音楽、茶道なども本格的に学ぶ。 子供たちの絵は「障害者の絵」としてではなくその純粋さ、ひたむきさによって人の心を捉えた。国内外で美術展が開かれ、ビルの壁画やカレンダー、文房具のキャラクタ−などに採用されている。

(ウィキペディア「ねむの木村」より)

  

ねむの木村こども美術館 緑の中

設計: 坂茂建築設計

竣工: 1999年

ねむの木村の一番奥にある。宮城まり子の原画・友禅の作品などが展示されている。この日は運動会練習のためにお休み。

  

「どんぐり」の前にある地蔵堂と熊野神社

   

ねむの木こども美術館 どんぐり

設計: 藤森照信+内田祥士(習作舎)

竣工:2006年

ねむの木村のこどもたちの絵が展示されています。こどもたちの純粋な目と心で描かれた絵は、カラフルで独創的です。

                                                  

吉行淳之介文学館

設計: 中村昌生

竣工: 1999年

中村昌生は数寄屋建築の名手で京都伝統建築技術協会理事長。

                                 

喫茶MARIKO

運動会の練習から帰る宮城まり子さんとお話ができた。ここのカレーライスとゆずゼリーが美味しいと勧められたが、カレーライスは重たいので、ハーブティとゼリーをいただいた。ほっこりした。

               

桜木池と村の家々。

                           

帰途

バスは山道と里道を走って、掛川市街に戻っていった。

               

参考資料

ねむの木村ウェブサイト

掛川市ウェブサイト


事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中