JAPAN GEOGRAPHIC

東京都北区 飛鳥山

Asukayama,Kitaku,Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
桜、アジサイ
 Culture
 
渋沢栄一関連文化財と三つの博物館
 Facility
 
 Food
 


北区西ヶ原2-16-1 旧渋沢家飛鳥山邸 晩香廬 重文 近代/住居 大正 大正7(1918) 木造、建築面積79.24㎡、1階建、桟瓦葺 賀詞、献品目録及び献品目録附表3点、青焼図面5枚 20051227

北区西ヶ原2-16-1 旧渋沢家飛鳥山邸 青淵文庫 重文 近代/住居 大正 大正14(1925) 煉瓦造及び鉄筋コンクリート造、建築面積213.67㎡、2階建、東面露台附属青淵文庫建築説明書、青淵文庫家具設備品目録2点、鋼製書棚11台 20051227


Apr.15,2019 柚原君子

                                        


Apr.9,2019 瀧山幸伸

Edited movie  Download  YouTube

source movie

旧渋沢家飛鳥山邸

            

青淵文庫

                         

晩香廬

                          

  

飛鳥山公園

                                     

西ヶ原一里塚 

史跡 1

北区西ヶ原二丁目

             


June 2012 瀧山幸伸 source movie

A camera

渋沢資料館

Shibusawa museum

 

旧渋沢家飛鳥山邸

旧渋沢家飛鳥山邸は,曖依村荘と呼ばれた渋沢栄一の邸宅である。晩香廬は,渋沢栄一の喜寿を記念して贈呈された小亭(談話室)で,大正7年に竣工した。

木造平屋建,寄棟造,赤色桟瓦葺である。洗練された意匠と精緻な造形により,工芸品ともいうべき建築作品に仕上げられている。

青淵文庫は,渋沢栄一の傘寿と子爵への陞爵を祝して贈呈された小図書館で,大正14年に竣工した。煉瓦及び鉄筋コンクリート造2階建で,1階は露台,閲覧室,記念品陳列室などで,2階は書庫になる。

旧渋沢家飛鳥山邸の晩香廬及び青淵文庫は,大正期を代表する建築家のひとりである田辺淳吉の作風がよく示された作品である。

ともにアーツ・アンド・クラフツ運動の精神が具現された数少ない大正期の建築作品として重要である。

棟名: 青淵文庫

Seien bunko

員数: 1棟

種別: 近代/住居

年代: 大正14

西暦: 1925

構造及び形式等: 煉瓦造及び鉄筋コンクリート造、建築面積213.67平方メートル、2階建、東面露台附属

重文指定年月日: 2005.12.27(平成17.12.27)

重文指定基準1: (一)意匠的に優秀なもの

所在地: 東京都北区西ヶ谷二丁目16番1号

所有者名: 財団法人渋沢栄一記念財団

A camera

                                                                            

B camera

                                                                               

晩香廬

Bankouro

員数: 1棟

種別: 近代/住居

年代: 大正7

西暦: 1918

構造及び形式等: 木造、建築面積79.24平方メートル、1階建、桟瓦葺

重文指定年月日: 2005.12.27(平成17.12.27)

重文指定基準1: (一)意匠的に優秀なもの

所在地: 東京都北区西ヶ谷二丁目16番1号

所有者名: 財団法人渋沢栄一記念財団

                   

                    

北区博物館

重要無形文化財 奥山峰石氏作品

 

    

         

アジサイ

                         

                                                        


Apr.2006 瀧山幸伸   source movie

      

    

         

飛鳥山からの展望

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中