JAPAN GEOGRAPHIC

東京都国立市 一橋大学

Hitotsubashi University,Kunitachi city, Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Apr.21,2019 松田浩志

                                                                                                                                                      


April 24, 2016 松田浩志

東京都、国立市、一橋大学

 Hitotsubashi University,Kunitachi-city, Tokyo

一橋大学兼松講堂 『 国登録有形文化財(建造物)』

『 東京商科大学国立移転のシンボル的建築。神戸の名士兼松房治郎の13回忌を期に,寄付で建設される。

RC造2階建,外装スクラッチタイル張り,腰石張りで,正面妻面に校章を掲げる。

伊東忠太設計のロマネスク風建築として知られる。』

 

  兼松講堂

                                                                                                          

 時計塔・図書館

         

 本館・池等

                                     

 旧門衛所

      


Apr.2012 松田浩志

兼松講堂(一橋大学)国登録有形文化財 建造物「建設年:昭和2(1927)年

構造、形式及び大きさ:鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1471平方メートル大正12(1923)年の関東大震災によって神田一橋から移転をした東京商科大学が、国立に移転した際のシンボル的建造物です。

神戸の名士兼松房治郎の13回忌を期に、寄付で建設されました。

鉄筋コンクリート造2階建、外装スクラッチタイル張り、腰石張りで、正面妻面に校章を掲げています。

伊藤忠太による設計のロマネスク風建築物として知られています。」

国立市ホームページより転載

                                                                                                                         

一橋大学東本館

国登録有形文化財

「建設年:昭和4年建設

構造、形式及び大きさ:鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1711平方メートル大学通り東側のキャンパス地に、東京商科大学の商学専門部本館として建設されました。ロ字形平面RC造2階建で、兼松講堂と似たロマネスク風の意匠を基調としています。設計は文部省建築家によるものです。」

 国立市ホームページより転載                          

一橋大学旧門衛所

国登録有形文化財 建造物

「建設年:昭和6年建設

構造、形式及び大きさ:木造平屋建、瓦葺、建築面積53平方メートル東京商科大学の門衛所として建設されました。2つの校門の間、キャンパスの中心軸線上の緑地帯に位置し、図書館に向き合って立っています。

外装はモルタル塗、腰スクラッチタイル矢筈積及び下見板張で、側面に鉄板葺の出窓を設けたフランス瓦葺ハーフティンバーの瀟洒な洋風建築です。」

 国立市ホームページより転載       

その他

            

                

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中