JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

和歌山県高野町 高野山大門
Koyasan Daimon,Koya town,Wakayama

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 




伊都郡高野町高野山132 金剛峯寺大門 重文 近世以前/寺院 江戸中期 宝永2(1705) 五間三戸二階二重門、入母屋造、瓦棒銅板葺 棟札1枚 19650529

September 3, 2017 野崎順次 movie

高野山 大門

高野山内への西の入り口には、丹(に)塗りの大きな門が建っており、大門と呼んでいます。現在のような門となる以前は、数百メートル下方の旧道、「九折谷」という場所に鳥居があって、これが門になる前身だといわれています。現在の位置に移された時期は、永治元年(1141)ともいわれ、その際、鳥居から門の形式に変更されました。さらに寛喜2年(1230)には五間二階の楼門に改められたと記録されています。その後、天正5年(1577)に焼失しましたが、慶長9年(1640)、木食応其上人(もくじきおうごしょうにん)によって再建されました。

現在の大門は、元禄元年(1688)に焼失したことにより、同13年(1700)5月造営の釿始を行ない、同14年7月大門中柱を建て始め、同16年9月上棟、宝永2年(1705)8月に至って落慶供養が行われました。その後、文政元年(1818)に屋根、箱棟の修理が行われ、近年においては明治28年(1895)に屋根の部分修理および二階の縁廻り、一階側柱の根継が行われており、昭和61年(1986)には、全面解体修理が施されました。この時、白木の状態であった表面を丹塗りとし、昔の状態に戻されました。

大門の中央二本の正面柱には、「日々影向文」(にちにちようごうぶん)の後二句が柱聯(ちゅうれん)として掲げられています。
(高野山霊宝館ウェブサイトより)

パンフレット、現地説明板など

       

国重文 金剛峯寺大門 江戸中期 宝永二年(1705)
五間三戸二階二重門、入母屋造、瓦棒銅板葺

                                       



May 2,2017 中山辰夫

大門
                
高さ25.1m、一山の総門である。現在のものは1705(宝永2)年に再建された。両脇に金剛力士像を配置する




Aug.26,2016 瀧山幸伸
movie preview(YouTube)
movie


金剛峯寺大門
Kongobuji Daimon
     



June 9,2013 大野木康夫 HD video

高野山はもう何回目かわからないくらい訪れていますが、有田川から北上して大門前に行くルートは初めてです。

大門(重要文化財)
宝永2(1705)年の建築
五間三戸二階二重門、入母屋造、瓦棒銅板葺

野山の総門であって、今の建物は宝永2年(1705)の作。
巨大な五間三戸二階二重門であって、江戸中期の代表的建築である。
(国指定文化財等データベースより)

                  


July 2012 瀧山幸伸 HD video

大門
        

       


July 16 2012 大野木康夫 HD video

大門

    


Nov.2010 撮影:大野木康夫

大門(重要文化財)
宝永2(1705)年の建築
五間三戸二階二重門、入母屋造、瓦棒銅板葺

                 





July 2010 瀧山幸伸 HD video

大門
Daimon

A camera

                  

B camera
                                           






事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中