JAPAN GEOGRAPHIC

山形県米沢市 一の坂遺跡

Ichinosaka iseki, Yonezawa city,Yamagata

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Aug.7,2015 瀧山幸伸 source movie

一ノ坂遺跡は山形県南部の米沢盆地に位置する縄文時代前期の集落遺跡であり、盆地西南部の西から東に傾斜する丘陵裾の河岸段丘上に立地する。 平成元年に米沢市教育委員会が宅地造成にともなう発掘調査を実施したところ、全長43・5メートルにも及ぶわが国最長の大型竪穴住居が発見され、住居内から石鏃・石匙などの石器とその製作途上の未成品や〓(*1)剥片および炭化したクルミが大量に出土した。これによりこの特異な大型竪穴住居が石器の製作とクルミの加工を行った工房・作業場と考えられることとなり、わが国でほとんど類例のない遺跡として注目を集め保存されることとなった。その後平成2年から6年の間、米沢市教育委員会は遺跡の実態解明を目的とした発掘調査を実施し、ほぼその全容を把握することができた。 遺跡は舌状の段丘上にあり、その範囲は東西約90メートル、南北80メートルである。検出された遺構は、大型竪穴住居1棟のほか、竪穴住居24棟、土坑墓6基などである。竪穴住居のうち8棟は近接して弧状に並んで一群をなす。このほかにボーリング調査により大型竪穴住居1棟の存在が推定されている。 段丘西側の一段高い面には遺構が構築されておらず、一段低い北側に大型竪穴住居、東側に8棟の弧状の竪穴住居群とボーリング調査により推定される長さ約50メートルの大型竪穴住居が配され、全体は馬蹄形状の集落を構成する。弧状の住居群が廃絶した後にも竪穴住居が営まれており、都合5時期の変遷が確認されている。墓壙は東側の竪穴住居群の内側に位置し、段丘の東側下段には幅10メートルほどの蛇行する自然河川跡が存在する。出土土器は関東地方の関山式土器に並行するものであり、縄文時代前期初頭に位置づけられる。 大型竪穴住居は東西に長く、平面規模は幅約4メートル、長さ43・5メートル、面積約180平方メートルであり、平面形は著しく細長い。床面の壁際に柱穴をめぐらし、6基の炉を備える。弧状に連続して並ぶ8棟の竪穴住居群は同時期に存在したもので、30センチメートルから50センチメートルほどの間隔で南北に並ぶ。それぞれの竪穴住居の平面形は1棟のみ長辺13メートルの細長い長方形を呈するが、ほかは1辺4メートルから5メートルの正方形かそれに近い長方形である。竪穴住居の幅は約4メートルで一定しており、総長が約50メートルに達する竪穴住居群は大型竪穴住居の平面規模とほぼ同じである。8棟の竪穴住居のうち発掘した2棟の竪穴住居は床面の壁際に柱穴があり、中央に炉を備えており、一般的な竪穴住居ととくに変わることがない。しかし配置状況からみて8棟の竪穴住居は相互に密接に関連していたことは明らかであり、屋根や壁を共有する建築構造で、1棟の建物であった可能性も考えられる。 出土遺物は、土器と石器および石器製作にかかる未成品・〓(*1)片などである。土器は破片点数にして全体の1パーセント未満で、石器の完成品も少なく、圧倒的に石器の未成品・〓(*1)片が多い。製作された石器は頁岩製の石鏃・石匙・両尖7首・石銛の四器種と臼玉である。原石の産地は、大半が盆地内の落合・成島・中山峠の3か所であるが、遺跡からは原石と石核がほとんど出土していないことから、原石産地で1次加工した素材を持ち込んだものと考えられる。ここで製作された石器は、石材と製作技法の特徴から東北地方南部、関東、中部地方まで流通していたことが確認されている。また、炭化したクルミが大型竪穴住居から大量に出土しており、石器の製作とともにその加工も同時に行われていたと考えられる。 一ノ坂遺跡は、縄文時代前期初頭の集落遺跡ではあるが、長大な大型竪穴住居や連続して並ぶ竪穴住居群などきわめて特異な住居から構成され、石鏃・石匙などの石器の製作とクルミの加工が専ら行われていることから、道具や食料の生産およびその作業場の実態、さらには石器の製作と流通の具体的なあり方などを知るうえできわめて重要である。よって史跡に指定し、その保存を図ろうとするものである。(文化庁)

      

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中