JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県丹波市 柏原
Kaibara, Tanba city, Hyogo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


柏原八幡宮

Sep.13,2016 瀧山幸伸 source movie

                                                                                                                                                              



July 20,2015 大野木康夫 source movie

柏原は江戸時代は柏原藩織田家の陣屋所在地として栄えました。
丹波市にある国の出先機関はすべて柏原に所在しています。

西楽寺

 

 

木の根橋(兵庫県指定天然記念物)
洋風の建物は丹波市役所柏原支所(旧柏原町役場)

                        

旧氷上高等小学校校舎(兵庫県指定文化財)

       

柏原藩陣屋跡(国指定史跡)

柏原織田藩は、慶長3年、信長の弟信包(のぶかね)が封ぜられてから、一時家系が絶え、天領となったが、元禄8年、大和宇陀郡松山より、信休(のぶひさ)が移封され、その子孫が代々2万石を領し、明治維新まで、織田家が藩主となっていた由緒ある藩である。
藩邸は、正徳4年にはじめて造営されたが、文政元年(一説に文化13年)に焼失した。
その後再建され、明治5年の学制発布により、翌年、豊岡県より払い下げられて崇広(すうこう)小学校の校舎となった。
現在、小学校に残る建物は、玄関・式台と、これにつづく書院上段の間・同次の間・御使者の間・同次の間と、これをとりまく入側の部分にすぎない。
大正3年まで残っていた他の部分は、取りこわされるか、建て替えられた。
しかし、大名陣屋として原位置に残るものは他にないので、きわめて貴重である。
藩邸の長屋門は、小学校正門として用いられているが、桁行13間半、梁間2間で、造営当初のものといわれる。
柏原藩陣屋が、大名陣屋の構造としてのみならず、それが明治の小学校校舎に転用され、現在にもなお続いていることは、わが国の学制の発達を知る上でも数少ない事例である。
(国指定文化財等データベースより)

   

旧藩邸

                                       

長屋門(兵庫県指定文化財)

                

大手通

  

太鼓櫓

             





All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中