JAPAN GEOGRAPHIC

京都府向日市 元稲荷古墳

Motoinarikofun, Muko city, Kyoto

Category
Rating
Comment
  General
 
 
  Nature
 
  Water
 
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


August 21,2021 野崎順次  source movie

京都府向日市 向日市の古墳めぐり
(Some Early Tumuluses, Muko City, Kyoto Pref.)

古墳ウォークパンフレット

  

 

五塚原古墳から

向日町北山(勝山公園内)
国史跡 乙訓古墳群 元稲荷古墳

向日神社北側の勝山公園内にある、古墳時代前期初頭(3世紀末)の前方後方墳です。「元稲荷」の名は、後方部頂上にかつて向日神社の稲荷社があったことに由来します。全長約94メートル、後方部は長さ約50メートル、高さ約7メートル、前方部は長さ約43メートル、高さ約4メートルで、墳頂には特殊器台形埴輪と大型複合口縁壺(壺形土器)が並べられていたと考えられています。墳丘全体には葺石が施されており、後方部は三段築成、中央部に全長5.6メートル、北端幅1.3メートル、南端幅1.0メートル、高さ1.9メートルの竪穴式石榔が設けられ、11枚の天井石で覆われていました。中には割竹形木棺が納められていたほか、刀剣、槍、繊、斧、馨、刀子、鋤、鍬先などの副葬品も残されていました。
(京都府向日市歴史・観光サイトより)

現地説明板と向日市文化資料館展示パネル

   

手前が前方部、向こうが後方部


        
くびれ部から上がり、後方部へ、竪穴式石室の天井石残欠が置かれている。後方部墳頂には円形の水道設備がある。

            

前方部に下りていく。

             

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中