JAPAN GEOGRAPHIC

東京都東村山市 正福寺 

Syofukuji,Higashimurayama city,Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 
 Culture
 
国宝
 Facility
 
 Food
 


東村山市野口町4 正福寺地蔵堂 国宝 近世以前/寺院 室町中期 応永14(1407) 桁行三間、梁間三間、一重もこし付、入母屋造、こけら葺、もこし銅板葺棟札1枚 19280404 19520329


Nov.3,2016 瀧山幸伸

Edited Movie Download YouTube

source movie

正福寺地蔵堂

円覚寺舎利殿よりも古く、さらに美しい。

  

                                                                                                                                             

山門

              

                                                                                                       


June06, 2014 松田浩志 『北条時宗が鷹狩りの折病気になり、夢枕に黄衣をまとった地蔵菩薩が現れ丸薬をくれた。これを飲み、眠りから覚めたら病いが治ったので、地蔵尊を信仰して、弘安元年(1278年)この地蔵堂を建立したと寺伝にあります。しかし、昭和9年改修の際発見された墨書銘により、室町時代の応永14年(1407年)の建立とわかりました。

鎌倉の円覚寺舎利殿とともに禅宗様建築の代表的遺構で、国宝建造物として名高いものです。

なお、国の指定名称は正福寺地蔵堂ですが、堂内に奉納された小地蔵にちなみ、地元では正福寺千体地蔵堂と呼ばれています。

また、堂内は、8月8日、9月24日の午前11時から午後3時と、11月3日の午前10時から午後4時に参観できます。』

東村山市ホームページより転載

                                                                                

貞和の板碑『都内最大の板碑で、高さ285センチメートル・幅55センチメートル。

小瀬川(現在の前川)の橋桁に使われ、この碑銘が川面に映って見えるので

「経文橋」又は「念仏橋」の呼ばれていました。 』東村山市ホームページより転載


Sep.5, 2013 野崎順次 source movie

東京都東村山市野口町四丁目

臨済宗建長寺派

金剛山 正福寺

(shofukuji Temple, Higashimurayama City, Tokyo Pref.) 北条時宗が鷹狩りの折病気になり、夢枕に黄衣をまとった地蔵菩薩が現れ丸薬をくれた。これを飲み、眠りから覚めたら病いが治ったので、地蔵尊を信仰して、弘安元年(1278年)この地蔵堂を建立したと寺伝にあります。しかし、昭和9年改修の際発見された墨書銘により、室町時代の応永14年(1407年)の建立とわかりました。鎌倉の円覚寺舎利殿とともに禅宗様建築の代表的遺構で、国宝建造物として名高いものです。

なお、国の指定名称は正福寺地蔵堂ですが、堂内に奉納された小地蔵にちなみ、地元では正福寺千体地蔵堂と呼ばれています。また、堂内は、8月8日、9月24日の午前11時から午後3時と、11月3日の午前10時から午後4時に参観できます。 (東村山市ウェブサイトより) 現地説明版    国宝 千体地蔵堂 室町中期 応永十四年(1407)

禅宗様仏殿、桁行三間、梁間三間、一重もこし付、入母屋造、こけら葺、もこし銅板葺 千体地蔵堂は南面が正面である。                 西面に回る。           東面から北面へ            その他境内               市有形文化財 貞和の板碑 都内最大級の板碑       参考資料

国指定文化財等データベース


Nov.3 2011 瀧山幸伸 source movie

A camera

                                

B camera

                             


May.2005 瀧山幸伸  source movie

        

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中