JAPAN GEOGRAPHIC

和歌山県田辺市 熊野本宮大社

Kumano Hongu Taisha,Tanabe city,Wakayama 

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


田辺市本宮町1100 熊野本宮大社 第一殿・第二殿(西御前・中御前) 重文 近世以前/神社 江戸後期 享和元-2(1801-1802) 桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、向拝五間、檜皮葺棟札1枚 19951226

田辺市本宮町1100 熊野本宮大社 第三殿(証誠殿) 重文 近世以前/神社 江戸後期 享和元-2(1801-1802) 桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺 19951226

田辺市本宮町1100 熊野本宮大社 第四殿(若一王子) 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化7(1810) 桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺 19951226


January 5,2019 大野木康夫 source movie

遅い初詣

              


Feb.16,2017 瀧山幸伸 source movie

                   

祓殿王子社跡

     


May 3, 2016  野崎順次 source movie

歌山県田辺市

熊野本宮大社

(Kumanohongutaisha Shrine, Tanabe City, Wakayam Pref.)

全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山。三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。

(中略)

この熊野本宮大社は、平成7年には社殿が国の重要文化財に指定されました。本殿へと続く158段の石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。総門をくぐると檜皮葺の立派な社殿が姿をあらわします。

向かって左手の社殿が夫須美大神(ふすみのおおかみ)・速玉大神(はやたまのおおかみ)の両神。中央は主神の家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)。そして右手は天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られており、交通安全、大漁満足、家庭円満、夫婦和合、長寿の神として人々を迎え入れてきました。

かつては、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる中洲にありましたが、明治22年の洪水で多くが流出し、流出を免れた上四社3棟を明治24年(1891)に現在地に移築・遷座しました。

(熊野本宮観光協会ウェブサイトより)

国重文建造物

第一殿・第二殿(西御前・中御前) 江戸後期 享和元-2(1801-1802)

桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、向拝五間、檜皮葺 附 棟札1枚

第三殿(証誠殿) 江戸後期 享和元-2(1801-1802)

桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺

第四殿(若一王子) 江戸後期 文化7(1810)

桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺

(国指定文化財等データベースより)

現地説明板

      

鳥居付近

     

参道と石段を進む。

                         

拝殿あたり

           

神門

      

神門から中は撮影禁止、神門の外から見る。左から右へ、第一殿と第二殿(一つの棟)、第三殿、第四殿と重文社殿が並ぶ。

     

大斎原へ、大鳥居を遠望するだけ

     


July 30, 2013 瀧山幸伸 source movie

熊野本宮大社

            

                    

大斎原

Oyunohara

          

                 

真名井社

Manaisha

     

備崎経塚群、大峰奥駆道

Sonaezaki kyozukagun,Omineokugakemichi

                                    


Nov.2010 撮影:大野木康夫 所在地 和歌山県田辺市本宮町本宮1100 熊野本宮大社は、熊野三山の一つで、古来から熊野坐神社と呼ばれ、熊野川の中州にありましたが、明治22年の大洪水で被害を受け、近くの山の上に遷座しました。鳥居から参道を上りました。         本殿(重要文化財)第一殿・第二殿(西御前・中御前)

享和元〜2(1801〜1802)年の建築

桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、向拝五間、檜皮葺第三殿(証誠殿)

享和元〜2(1801〜1802)年の建築

桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺第四殿(若一王子)

文化7(1810)年の建築

桁行三間、梁間正面一間、背面二間、一重、正面切妻造、背面入母屋造、

妻入、向拝一間、檜皮葺洪水の際、支流側に建っていた上四社(3棟)はかろうじて流失を免れ、現在の場所に移築されました。

上四社は、第三殿、第二殿、第一殿、第四殿の順に参拝するそうです。

神門の中は原則撮影禁止となっているので、外壁の外側から屋根だけを撮影しました。            上四社から熊野古道を逆にたどると、秡殿王子があります。      大斎原(おおゆのはら)熊野川中州にある旧社地は、現社地から国道を渡り水田の中の道を5分ほど歩いたところにあり、大斎原と呼ばれています。

かつては、上四社3棟、中四社1棟、下四社1棟が並んで建っていましたが、明治22年の大洪水で本流側に建っていた中四社と下四社が流失し、上四社は現社地に移転しました。

今では中四社、下四社及び諸末社の神々を祀る2つの祠が建てられています。    大鳥居平成12年、大斎原の入り口に幅42m、高さ34mの大鳥居が建造されました。           大鳥居から先の旧社地は、原則撮影禁止となっていますが、残っている基壇に小ぶりの2祠が建っており、厳かな雰囲気です。

   


Dec.2008 川村由幸

    


May 2004 瀧山幸伸 source movie

          

            

      


事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中